2008年05月31日

「ベリキュー!」#44


次々と変わる神様はまさに八百万。売れない芸人に吹聴されてる神様に、ベリキューのことなんて何にも知らなそうなおっちゃん。神様もいろいろね。

最近カンで答えてばかりの熊井ちゃん。負けず嫌いなので自分だけわからないなんて状況は許せない。それでとりあえず手を挙げて答えてみる。同じ負けず嫌いでもなかさきはわかるまで手を挙げない。でも熊井ちゃんが手を挙げているとき、ひときわ大きななかさき(たぶん)の「ハーイ!」が聞こえただろうか。しかもそのあとは手を挙げていないので、これは熊井ちゃんに対抗するためだけの「ハーイ!」。対決は近いな。熊井ちゃんの答えは「警察」からの連想と思われるので「警くん」が正しい表記ではないかと。

「なかったことにニャー!」

カッパなのにニャーとか、カッパネコかわいすぎる。ウナギイヌの親戚ですか?ちなみにコロコロとメンバーを入れ替えるベリーズは、仰木オリックスでいう猫の目打線っていうやつですな。

「パー太郎」「プー太郎」のたたみかけがいつもの℃-uteにはないセンス。ニートなんて言うからいかにも社会のお荷物みたいに聞こえるけど、プー太郎って言えばほら自由人の響き。こんなんじゃベリーズに一日署長の座をとられちゃうよ。
posted by sleeping mizuki at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

「ベリキュー!」#43


まいまいが答えられないのは仕方ないとして、「魚羊」とか「岩氏」とかまるでベリーズが頭弱いみたいじゃないか。まぁ先にデビューしてたから勉強なんてする時間なかったんだね、たぶん。こういうの意外と梨沙子がわかってたりするんだよな。

「ダメだよ」となっきぃはまあさの肩を叩く。そういうのを熊井ちゃんと!早く!もう2ヶ月もたつのにくまさきの絡みが全然ないよ!

チームの勝利にマワる愛理は足をぶつけてる。くそぅ、カッパちゃんいちいちかわいい。
posted by sleeping mizuki at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

「ベリキュー!」#42


あれ?昨日雅ちゃんいたっけ?と思ったら微妙にメンバー交替。夏焼IN、徳永OUT。でもまいまいが答えてるときに、昨日と同じく千奈美のくしゃみの音がする。

ライバルにももちの名を挙げたなっきぃ(バスツアー時握手会調べ)がそのももちを激しくブロック。でもももちは本気で前へ出ようとはせず、むしろなっきぃにブロックされてあげている余裕すら感じさせる。そうなるとなっきぃがパーで来るのもあらかじめ知っていたのではとさえ思えてますます恐ろしい。ジャンケンに負けてしょんぼりを絵に描いたようなももちはかわいい。なかさきが邪魔になるくらい。ジャンケンに勝って勝負に負けたよ。こういう対決だとまだまだももちには及ばない。

一方℃-uteにも、全く作為にはよらず一人相撲を取る人がいた。

「う〜んハイッ!いや、わかりやせん!」

「ハイ」って言っとけばいいのに「わかりません」と言い直そうとする素直さが滑舌の悪さとあいまって笑いの神を呼ぶ。


posted by sleeping mizuki at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#41


カンカンとはカリスマニックネームを持たない栞菜への配慮であったらしい。ピーチッチがカリスマニックネームだということをすっかり忘れてたよ。それくらい人口に膾炙したぼくのぴーちっち。

ベリキューが一列に並ぶと交通整理を始めるカッパちゃん。チームが勝つと地味〜にニワトリのマネをしているカッパちゃん(正解はスズメだけど。もしくはスズメのつもりだったのかも)。かように芸の細かいカッパちゃん。キューティーアクトレスショーでも細かいしぐさが光っていた。美術の時間に作品を仕上げるのが遅いのも、ただ遊んでるわけではなくいろんな思考回路を経たうえで作業に取りかかるからなのだろう。グリーンの芝を緻密に読んでカップインする愛理が見たい。
posted by sleeping mizuki at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

コントのじぶん


夏ももちゅのコントができすぎてる件について、小一時間語りたい。

「よく脇しめて」「大きなYでもてなして」「はきたてブラックデニム」このような良質なネタに加えて、桃がしっかりとそれを消化している。半分マジネタであった「即抱き合わせ」以来の衝撃が走る。

桃は台本通りにしゃべっているのに、その台本通りのはずのボケに明らかにペースを乱されている雅。ふだんは絶対にこういうツッコミをしないことが伺われる。言葉に詰まるとすかさず桃が小声で耳打ち(でもマイクには拾われちゃってる。あるいはわざと?マイクに拾われるようにしゃべってる?マイクに拾わせてるのか?雅が詰まることを見越して、リハーサルで「よし、これくらいならマイクに入る」とか密かに練習してんの?怖い、怖いよももち…)。桃は雅の分までちゃんと台本を覚えてるってことだ。

3の倍数と3のつく数字のときだけカワイくなる雅。15までいったら「オモロー!」の節で「カワイー!」。ももちは1の倍数と1のつく数字のときだけカワイくなる。つまりずぅっとカワイイ。なにこのプロの術中。1回目は17まで。2回目では雅ちゃんはしゃがみこんで放置。27くらいまでいったところで「早く止めてよー!」。

さらにすごいのはポーズが全部違うということ。ひとつくらい同じポーズもあったかもしれないけど、もはや現場でそんなことわかんない。でもDVDに収録されれば、一つ一つのポーズを分析して「これはあの写真と同じだ」とか「写真集のこれと同じだ」とか調べ上げてくれる人がいると思うよ、たぶん。

2回目は10でマイクを倒しそうになってあわてる。このときは10でも11でもない、10.5ぐらいだったので、カワイくない桃が見れるかと思ったけど、あわてぶりもやっぱりカワイかった。さすがに隙がない。小数点以下もカワイイ桃。こいつをカワイくなくするためにはどうしたらいいのだろう。カワイさ余ってなんとやら。

二人を見ていてわかった。かんにゃは37とか59のときだけカワイくなるんだ。最初の「カワイー!」までが長い上に次に来るまでも長い。それ以外はずっと鬱栞菜。つまり栞菜は大きい素数。誰とも競合せずに長く生き永らえることができるセミのような素数。かつてハロコンで割り当てられた2ケタの数字を栞菜に与えるとすればそういう数になると思う。参考までに、他のベリキューメンの数字を素数とそうでないものに分けてみよう。

須藤 03
嗣永 29    
清水 43
村上 61     
岡井 73

萩原 01
徳永 10
菅谷 48
梅田 55
鈴木 66
夏焼 72
中島 74
矢島 84
熊井 90

数字も大きい熊井ちゃん。大きい素数はめぐとチッサー。めぐは割り切れない、なんとも割り切れないね。じゃあチッサーは73の倍数のときだけ犬になってください。舞波がいれば「いしむら」で46(14は石川)、あるいは「まいは」で18(萩原が「まい」で01)のどちらか、エースナンバーはガラじゃないし、ダンスレッスンで共に怒られたと思われる梨沙子との親和性を鑑みて46でしょうか。いしむらの「い」がちゃんと発音できてなかったからちょうどいいんじゃない。栞菜には愛理と寄り添う67をあげたい。

桃子が小指なら、キャプテンはお姉さんなので薬指。熊井ちゃんは一番大きいから中指。千奈美と梨沙子はなんとなく人差し指でまあさは頼りがいのある親指(舞波は詰めた小指ですか)。いない雅ちゃんを桃は手の平に探す。「爪…指紋…しわ…」結局雅はくるぶしに。「みんなは指なのになんであたしだけ体の一部なの!」「まぁいいじゃない。そう揚げ足とらないで!」とオチるのだけど、突き出ているものとして、これはアゴの隠喩ではないだろうか。会場の誰もがそう思ったはずだし。ハケようとする桃を雅が引き止める。「ちょっと、アゴで人使わないでよ!」。

もう一つ、夏ももちゅというか前座の大事な効用は「席に着かせる」ということなのは明白。いつまで経っても(立っても)座らない客に対してとはいえ、いきなり本編を始めてしまうのは少々手荒い。そこを前座という名目にしておけば、本編への導入にもなり、夏ももちゅ見たさに席に着かざるをえなくなる。今後は、せめて夏ももちゅだけでも前で見ようという輩が湧き出てこないことを祈るばかり。え?もういる?「俺たちが座らないおかげで夏ももちゅが見れるんだ」と論理展開されかねない。まぁまぁとにかく、すご〜くすご〜く遠回りにバカにされてますよ?お客さん。

礼を欠き 着席も欠く 起立かな

毎週何を聴いてるんだと。
posted by sleeping mizuki at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【イベント】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雨の日だけ同じ傘になる


℃-uteヒストリーが語られたからというわけではなく、品川に向かう道すがら思っていた。こんな雨の日はいつも思い出す。なっきぃの言う品川ステラの思い出が始まる直前の雨の日を。

サ行音ふるわすように降る雨の中遠ざかりゆく君の傘

俵万智『サラダ記念日』

ちょっと字余り。忘れられない思いもあり余る。前日のこと、同じく雨の中はBuono!によるアメーバスタジオ。桃子が生まれて初めてしゃべった言葉は「まんま」だとか。愛理は「バナーナ」なんだとか。Buono!になるために生まれてたような言葉。これは他のメンバーも聞いてみたい。舞美は勢いで何と言ったのだろうか。栞菜は泣きながら何と言ったのか。まいまいが初めて泣いたときの涙、なっきぃが初めて笑ったときのキュフフ。

最初の言葉があるなら、いずれ最後の言葉もある。舞波はなんと言ってたっけ。「スイッチON!」を見てみても、最後の言葉なんて言葉にならない。傘の君はどんな言葉になりますか。10月の応援企画?それが最後だなんて早すぎる。せめて最後に、誰でも書けるお知らせじゃなく、声を聴きたかったのに。

君にはイメージカラーがないよね。決まる前にいなくなってしまったから。だから無色。涙の色とおんなじね。最後の言葉の代わりにただ音だけが聞こえる。雨の中ふるわせたサ行音は「サヨナラ」。ふるわされたサ行音は「そんな…」。6月6日は何記念日と呼べばいいでしょうか。

posted by sleeping mizuki at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

「ベリキュー!」#40


熊井ちゃん、まあさ、千奈美が立って並んだ構図の遠近感がすごい。いつもは遠近法に逆らう熊井ちゃんも、適切な位置に置かれれば遠近をより誇張する効果がある。キャプテンがはるか彼方に霞むよう。

くそぅ、カッパちゃんはなんでもできやがる。あのプロが試合に負けて勝負でも押され気味。自分の土俵で相撲をとれてない。
posted by sleeping mizuki at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#39


だんだん真野ちゃんのコメント(の台本)がテキトーになっていってるような気がする。「敵を作らざるもの 真の友を得ず」これつまりテニソンが言いたいのはこーゆーこと!「中島早貴さんと熊井友理奈さんは、ライバルでありながら親友でもある」ってことですよね?Wiiと聞いてピースするのは、なかさきとの対決を心待ちにしている熊井ちゃん。

レッド対決。合コンVTRの川沿いで談笑してるシーンが雰囲気良さそうで今注目のカップリング。こんな表情の栞菜は初めて見るかも。「蝋人形みたいな」というのは「固まった」という意味でしょうか。そうであるならこれに限らず栞菜はいつも険しく固まっている。そんなときは固まった表情の視線の先に何があるのか気になるのだけど、今日はWiiの画面を見てるってちゃんとわかってるから、気にせず顔だけを見れた。

キャプが栞菜の顔を覗き込んで何事か話しかける。「栞ちゃん…」こっちのカップリングも気になるなぁ。

空いたまあさの席に移動する千奈美の真意とは…?

@そのままだとまあさに隠れて見えない
Aとっくまはガチ
B騒ぐももちがウザかった

posted by sleeping mizuki at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

蝉めづる姫君


「蝉」を選んだという千奈美。イントロは桃子のソロギターで聴きたいと思っていたけど、「かえるのうた」を聴いてあきらめました。千奈美が選んだのはいつの蝉でしょう。いろんな蝉を見てみると、やっぱり昔と今とは何かが違う。舞波がいるいないなんてことじゃなく、Berryz工房そのものが何か違う。単に性格とか成長の一言で片付けるには神秘すぎる、空気の違い。DVDとはいえその空気が読める。

「モーニング娘。は私にとって青春」と言った中澤の気持ちが少しわかったような気がして、今とは違う空気のあのころのBerryz工房は、中澤の言葉を借りれば自分の青春。かといって決して今をおとしめるわけではなく、Berryz工房のすごいところはこの先もまだ見ていない蝉を見せてくれるということ。毎回歌ってくれなくてもいい。夏だけでもいい。毎年じゃなくてもいい。その代わりずっと、歌い続けてほしい。聴くたびに思い出す人もいるし。「ごめん」なんて思ったりする。

弟に蝉を見せられる主人公は「MISSING」と不在を思う。Berryz工房に蝉を聴かされるたびに、俗世から圏外のこの場所で、何日過ぎたか過去を見て、あと何日とかは見ないふり。不在以上に見たいのは、そこに何が存在しているのか。

でも千奈美は、洗濯物に蝉なんかくっついてたらすぐに捨てちゃうんでしょ?
posted by sleeping mizuki at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様は一人じゃない


入魂むなしくテンション下げ子が見られない。ぶっちゃけ演じてないときの方が下げ子だけど。捨てる神あれば他の神に拾ってもらう。カッパどもを後にして、出ずるは品川→亀戸ベクトル。これぞ夕焼け一本道(乗り換えあり)。窓の外が少し微妙DAWA。待っててサキチィー!
posted by sleeping mizuki at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#38


梅さん?なにその一反もめん。

ボード越しに覗き見る目がわざとらしいプロ。ペンで絵を指差したあと、すぐに小指で指しなおすのは、そこまで含めてプロの策中。「あ、小指使わなきゃ!」と気付いたフリを見せてくれている。でもそれで騙しおおせるなどとは考えておらず、おそらくはフリを見せていることに自覚的に。その証拠になるのかはわからないけど、逆に小指から他の指へと差し代えることはたぶん絶対ない。「たぶん絶対」とはなんてあいまい、夢の中で夢を見ているような、いったいどこまでが本当がわからないプロの所作。

自分は無自覚だということを自分で知っている(その時点で無自覚ではないはずなんだけど)、自覚的に無自覚なのがももちなら、知っていることはあるのにそれに自分で気付いていない、無自覚的に自覚しているのは熊井ちゃん?なんだあの自分を忘れているような無邪気さは。

「どうしてみんな無邪気にはしゃがないのよ」ソロパートではないけど、ももちの自覚的な無自覚さはこの言葉に集約されているようにも思え、「ただ一人になりたくて ああ遠回りしてみたの」熊井ちゃんの自分自身への無自覚さはこの言葉に見えるような気もする。

ただこんなことは、自分が自覚的であることに自覚的なのがなっきぃで、無自覚であることに無自覚なのが舞美であるとかなんとでも言える。なんとでも言えるからこそ、そこに言説の沃野が広がるとも言う。どうでもいいけどこの回熊井ちゃん出てないから。

うつむいて「あの絵」を消してるキャプはかわいい。絵がアレだから余計にかわいい。勝負はついたのにまだ何か書き足してる桃子とは対照的で。桃子はいつも過剰。
posted by sleeping mizuki at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

「ベリキュー!」#37


布をめくらせたらアップフロントで3番目くらいのキャプ。

「その食べ物は、キーボさんは好きですか?」

壷が割れたショックで名前を忘れてしまった梅さん。ハトミカじゃないんだから…。

ベリキューでそれぞれリンゴを8等分するとしたら、余った一つはどうするんだろう。℃-uteの一つはなかさきがありつき、ベリの一つはそのまま放置ってところかな。
posted by sleeping mizuki at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#36


壷を割るなんて予測不可能です…。大雑把で、テキトーで、勢いの(全部いい意味)舞美にふさわしいエピソードがまた一つ。

破壊はまた創造を生み出す。直した壷に注目が集まるなか、大事そうに持ち上げるかに見えて、両の小指を激しく立てるプロ。壷への視線を小指にすり代える恐ろしい技。2本の小指は隠された角。お前、桃太郎じゃなくて鬼だよ。
posted by sleeping mizuki at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/5/19【Berryz工房&℃-uteメンバーソロイベント5月公演 萩原舞(2回目)】パシフィックヘブン


「まこととか来て楽しかった」これに尽きる。いや尽きるな!思い出せ!記憶の糸をたぐり寄せ!途中、心の声が入りますけど気にしないで…。記憶違いはご容赦。

座席は7列くらいで、通路を挟んで入口に近い方と奥の方に別れる。トークのときは奥の方を、歌のときは入口に近い方を向いていた。

ステージ上のホワイトボードにまいまいの直筆コメント。「HagIWaRa MAiのヘブンイベントー!」、六弁の花のイラスト(一つだけ五弁)、ソロTにある顔(口の中に「まいでーす」)、細長いハート(これは顔のイラストのすぐ近くに描きたかったのだけどあえて「距離感をとってみた」のだとか)。びっしりというほどでもなく、余白が多いというわけでもなく。舞美だったら時間をかけて余白を作らなそうだし、梨沙子は大胆な余白の使い方をしそう。愛理とか何描くかもうわかってる。

この期に及んでボード使おうとする人とか、そのアグレッシブさはある意味すごい。この「ある意味」はデレシンおっさんがある意味最強なのと同じ意味ですけどね。

まずまことが登場して諸注意。初めての至近距離なまことになぜか見とれてしまう。実際見るとカッコイイとか特にそういうことはなかったけど。まいまいはステージの奥から出てくるのかと思ったら、ステージを降りて客席とフラットになった奥から小走りで登場。BGMは「EVERYDAY YEAH!片思い」。

「涙の色」の黒い衣装(ス、スズメバチが…)。こうして近くで改めて見ると黒が似合ってて、とてもこないだ中学生になったばかりとは思えない。ちなみに寝るキューネタは一切ありませんでした…。

さっそく曲へ。M1「手を握って歩きたい」。本当に聴けるとはね。以降のソロイベもオーデ曲を歌ってほしい。千聖の「カントリー・ロード」これは聴きたい。会場の外にいて耳をすませば聞こえるんじゃない?梨沙子の「ミニモニ。ひなまつり!」これもヤバイ。「ひなまちゅり〜♪」とか悶絶必至。さすがハロプロのイベントらしくこんな会場でも音量大きめ。

まことによれば今回のイベントの趣旨はオーディションから6年経っての成長を披露することなんだとか(かんにゃ…)。まことの持つスケブの質問に答えて、4年半前の同じ質問への答えと比較していく。4年半。かろうじてかんにゃの歴史と重なるが、4年半前の出典であるらしい「ハロー!プロジェクト大百科」(部屋のどこかにあるはずなのにかれこれ4年以上姿を見ていない)には栞菜への質問はなかったはず。このへんの歴史をどう埋めていくのか。

Q.趣味は?

「趣味は…趣味は…」と言いあぐねたあげく「ハマッてることでもいいですか?」。学校の友達と“久しぶりごっこ”をすること。廊下とかで会ったら「久しぶりー」って言って、そのあとは「でさー」と普通に話す。

察するに同じ小学校でクラスが分かれた友達だろう。さらに余計な詮索をすれば、2/19のおはスタで手紙を読んだ6人の親友のいずれかと思われる。朝会うとちゃんとした「おはよう!!」を言っていた仲間。「舞、お仕事がんばってね」これは言えない。ヲタには言えない。目の前にいるまいまいは紛れもなくお仕事中なんだけど、それは仕事であって仕事とは思ってほしくないような、後ろめたさの入り混じった微妙なヲタ心理。これが言えるのは友達や家族だけ。

4年半前の回答は「一輪車」。ピンクの一輪車が好きで、学校に一台しかなかったので休み時間は急いで乗りに行った。今は一輪車自体あんまり乗らなくなったそうで。

Q.好きな食べ物は?

萩原「イチゴと、お肉と、アイス」
まこ「その中でもどれが好きですか?」
萩原「アイス」
まこ「じゃあこういう場ですからね、商品名言っちゃっても…」
萩原「…クーリッシュと…カップの…」
まこ「ハーゲンダッツ的な?」
萩原「そう!そのイチゴ!」

まこ「クーリッシュはずいぶんオトナですねぇ」
萩原「そうですか?」
まこ「ガリガリ君とか言うのかと思いましたけど」
萩原「ガリガリ君は歯にしみるんですよ」

ハーゲンダッツはイチゴとクッキーが好き。4年半前は「イチゴとカレーライス」。カレーライスは今はあんまり食べたいとは思わない。好きで食べすぎて逆に食べなくなったのではないかとのこと。今はハヤシライスの方が食べたい。

Q.嫌いな食べ物は?

メロンとスイカ。メロンは食感がダメで、スイカは種があるところと味が嫌い。4年半前は「メロン、スイカ、ピーマン」。今はピーマンの炒め物とか食べられるようになった。

M2「YOUR SONG〜青春宣誓〜」。選んだ理由は歌詞が好きで勇気をもらえるから。でもまいまいは「青春“宣言”」って言ってた。「宣」と「言」に間があったから、間違って覚えてたというよりは緊張でどっちかわからなくなり、まさかその場で聞くわけにもいかず「宣言」で統一してみたのではないかと推測。曲が終わるとまことも「青春宣言」って言ってた。これはまいまいに合わせてくれた大人の判断であり、決してそういうタイトルだと思っていたわけではないと信じたい。

まこ「青春と思うときはありますか?」
萩原「友達と黒板に絵を描いてるとき」

続いて、開始前に書いておいた客からの質問に答えていく。

Q.これからハロー!プロジェクトの中でどんなキャラでいきたいですか?

「自分らしく個性的でいたい」

Q.℃-uteのメンバー以外でユニットを組むとしたら誰と組みたいですか?ユニットは5人でお願いします

「松浦さんと、柴田さんと、舞と…雅と千奈美」

萩原「松浦さんは歌も上手いしMCも上手いのでいてもらって、柴田さんはいろいろとアドバイスをしてくれるので」
まこ「どんなアドバイスをしてくれるんですか?」
萩原「さっきも会ったんですけど、『緊張してると思うけどがんばって』って」

雅は面白いから。ベリキューのコンサートのときも雅と千奈美でよくごはんを食べてた。

「雅」「千奈美」と呼んでいることに注意。まいまいから見ればみんな年上という状況にあって、やじうめに対しては「舞美ちゃん」「えりかちゃん」と呼ぶ。呼び捨てとちゃん付けを分けているものはなんだろうか。熊井ちゃんはやっぱり熊井ちゃんなんだけど。とりあえずみやちなと同学年のまあさを何と呼んでいるのか今度教えて下さい。

それにしても雅と千奈美か…。う〜ん、なんとなくベリキュー内のグルーピングが見えてきた。この3人に当然千聖も加わってくるだろう。差し入れなんかきたら真っ先に奪い去っていく。落ち着いてるのはやじうめキャプの年長組にくまぁず、少し離れて愛理、梨沙子あたりか。栞菜は舞美ちゃんにくっついたり、ちさまいとプロレス、その流れで千奈美に励ましてもらったり。プロは異次元の人なので存在自体が一ジャンル。…誰かnkskを拾ってあげて。

Q.最近恥ずかしかったことは?

「クラスをよく間違えること。まだ全部建物を見てないので、階を間違えて『あれ?なんで先輩がいるんだ?』とか」

先輩も思ってるはず。「あれ?なんでまいまいがいるんだ?」

Q.学校へは制服を着て行ってると思いますが、間違えて私服で行ってしまったことはありますか?

「それはないです」

まこ「何か忘れ物をしたりはしますか?」
萩原「いま中間が近いんですけど、数学のノートを忘れてきて次の日困ったり、かっぽう着を忘れたり…」

(家に忘れてくるのか学校に忘れてくるのかいまいち聞き取れなかったが、文脈から判断するに、数学のノートは学校に忘れてきて予習ができずに次の日の授業で困り、かっぽう着は家に忘れてくるという意味か)

まこ「かっぽう着は家庭科で?」
萩原「家庭科のときは自分のエプロンを持って行くんです。(かっぽう着は)給食で」

M3「ふたりはNS」

℃-uteヲタならオリジナルを聴くと妙に違和感を感じてしまうこの曲。夏のきら☆ぴか、秋にはちさ☆ぴか、時々かん☆ぴか、春夏迎えて映ゆるソロ☆ぴか。顔はまっすぐ前を見たまま、差し出す手も横ではなく前へ。

2往復くらい余裕かと思ってたら全然。でも話しかけるのがためらわれるようないつもの速さほどではない。1往復はできる。この1往復を確実にモノにせねば。少し粘ると後ろの流しがポンと肩を叩く。決して腰をつかんで投げ飛ばしたりはしないけどその優しさがまた怖い。「お前、わかってるよな?」みたいな。

「プラチナ通り行った?」

少し間があったのちに目を見開いてうわずり気味に「ハイ!」。なんだかまいまいはすごく驚いてて、それに自分も驚いてうまく二の句が継げなかった。行ってみたんだねまいまい。グラサンかけて歩いてたらマダムにしか見えないよ。なおこの問いはなかさきにも適用可能であるので誰かよろしく。

終わって外に出たら一雨あったらしく地面が湿っていた。雨の東麻布に香る萩原エッセンス。

℃-ute7人よりまいまい一人の方が緊張す。まいまいもきっといつもより緊張してたんだろうけど、そんなふうに見えないところが大物だね!栞菜なんか一人でちゃんとイベできるのか今から心配になってきたよ。いきなり倒れたりするんじゃないの?

終わったメンバーにどんな感じだったのか聞いてみる栞菜。千聖あたりは自分も緊張していたくせに終わってしまえば他人事。聞く人聞く人に「緊張するよー」と言われまくって当日、栞菜の緊張は極限に達する。いったい「なんか」を何回言うんだろう。そんなかんにゃの緊張を解きほぐす質問を考えておかないと。「舞美ちゃんの香りってどんな香り?」直感でセットリスト予想。

M1 愛のバカやろう
M2 タイムカプセル
M3 わっきゃない(Z)
posted by sleeping mizuki at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【イベント】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

Knockin'on Heaven's Door


なんだかんだでかんにゃも当選。マジですか〜ってゆーかアリガト!なにこの舞ちゃんと栞菜のグループ。勢いで龍角散も買っちゃったし、あとは舞波ボードでも半分にぶった切って持って行こうかな♪(※鳴り物・応援グッズ等の持ち込みは禁止です)

ソロ曲は順当ならばプラチナ通りとスイーーツと予想。しかしそこは鮮やかに裏切ってほしい。栞菜ソロの都会っ子もいいな(名古屋名古屋)。てゆうか歌うの?握手あるの?仕事終わりで「おじさん足クサッ!」とか言われたらどうしよう。でもまいまいはわかってくれる。仕事は愛だから。あと一年早ければランドセルで登場とかもありえたのに。いやそれは言うまい。言っても仕方のないことはなんちゃらだから。

予報は全部明日は傘マーク雨…期待しちゃって眠れなくて二度寝しませんように。まいまいの下校ベクトルは一路赤羽橋へ。間違っても赤羽にだけは行かないようにしよう。もちろん歯ブラシは2回。大洋に振り撒くは放課後の萩原エッセンス。
posted by sleeping mizuki at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#35


一人だけ「ベリキュー」のポーズが逆の桃子。もしかしてミラー派?ダンスをよく見てみたら桃子だけ微妙に動きが違うなんてザラ。本当はちゃんとした原型があるんだろうけど、クセかわざとかそこから逸脱した動きが桃子の原型。

イントネーションからヒントを得る舞美の提案は、そのイントネーションが関西式なので実は全くヒントにならない。むしろ正解から遠ざかる。

もっと接戦になるように、神による歴史の操作が始まった。まだ答えを言っていないとヒントがもらえるルールが新設。今後栞菜の活躍が大いに期待される。

posted by sleeping mizuki at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#34


Q.クマと遭遇した時の正しい対処法は?

違う!違うでしょ!こういうときこそ熊井ちゃんでしょ!熊井ちゃんがガオーッでしょ!シートに隠れるキャプ。「もしも佐紀ちゃんが忍者だったら…」じゃない!そこも熊井ちゃんでしょ!

実際に熊井ちゃんと出会ったときに最もしてはいけないのは、先にエンジョイと言うこと。エンジョイと書いたタオルを持ち歩くことも同様に危険である。そのような場合、レジャーシートを広げても熊井ちゃんよりは大きくならないのでひるませることは無理。ただしいろんな説明書を投げ捨てて気を引けば、熊井ちゃんは反射的に熟読してしまうのでその隙に後ずさり。

クマは音を怖がるといって歌いながら歩くという策もあるが、その際の選曲にはくれぐれも注意しなくてはならない。ピリリなど歌おうものなら逆に怒りながら近付いてくる。もしもそうなってしまったら、レスだと思って甘んじてベアークローの一撃を受けよう。猫パンチよりちょっと強い熊パンチだと思えばむしろうれしいドエ〜ム。

posted by sleeping mizuki at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

眠れる姫となれ


「今回のユニットの選考基準は各グループの中で、歌はもちろん、ダンスに関して、ヒップホップやR&Bなどのダンスも得意とするメンバーを抜粋、」

High-King結成に関してのコメント 【つんく♂】

選考基準にダンス。「どうしてあたしは選ばれないケロ…」。カエルが鳴くときノドをふくらませるように、なかさきは泣くとき唇をかみしめてアゴをふくらませる。あのアゴに詰まっているのは、ストレスを感じたとき床をドンドンッと足で叩いたり、嫌なことを送信しないメールに書き連ねたりする、下がる眉と連動したなかさきの黒い感情、コンプレックス。しかしまたそれこそが明日へのThat's the POWER。なかさきはそこから這い上がる。卓球で負けて泣き、雪辱戦でまた負けたその場所から「もっと上へ」「いつも以上に」見上げる空はいつも高い。井の中の蛙は大海を目指す。

そして「ヒップホップやR&Bなどのダンス」といえばもっともしっくりきそうな栞菜をなぜ入れないのかも含めて、お前らは負のエース。輝く場所が違うだけ。ノーヒットの九回二死から打たれる姿が美しいこともある。気が付いたらハロプロのエースになっていたゆうかりんに負けないで。℃-uteでダンスといえばめぐだったことを思えば、なかさきはもう抜き去っている。決して不戦勝ではなく、まだめぐがいたとしても負けてはいないと思える。不敵な笑みをたたえた狂おしい都会っ子ダンスをまた見せてくれよ!なかさき!
posted by sleeping mizuki at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人で奏でよう


先のHAPPY! STYLEライブにてアニソンを歌うのっちはさぞや生き生きとしていたことかと。単純に好きな曲を歌うのはいいね。これを歌われたらどうしようという密かに描いていたセットリストとは違っていたけど「Give a reason」は聴いてみたかった。ただ、好きなアニソンを歌って満足しているだけだとアキバの地下ドルと同じなので、上を目指すならやっぱりこれを踏み台にしてほしい。ここがゴールじゃないっていうのはエッグそのものについても言える。

もうひとつ言いたいのは、数ある同名曲の中でもアニソンで「Believe」といったら桑島法子だということ。法ちゃん!法ちゃん!ぼくの桃天使!オープニングで「YOU GET BURNING」とかテンション上がるよー、きっと。

翻ってベリキューたちには、そんな思い入れを持てる曲はあるのだろうか。少なくともこの曲を歌ったことは、忘れてはいないんじゃないかと思う。望むらくは今もう一度歌うのを聴いてみたい。

清水 「手を握って歩きたい」
嗣永 「恋をしちゃいました!」
徳永 「桃色片想い」
須藤 「チュッ!夏パ〜ティ」
夏焼 「そうだ!We're ALIVE」
石村 「恋をしちゃいました!」
熊井 「恋をしちゃいました!」
菅谷 「ミニモニ。ひなまつり!」

梅田 「White Love」 (SPEED)
矢島 「桃色片想い」
村上 「ぴったりしたいX'mas!」
中島 「でっかい宇宙に愛がある」
鈴木 「気持ちはつたわる」 (BoA)
岡井 「カントリー・ロード」 (本名陽子)
萩原 「手を握って歩きたい」

ほとんどハロプロ。それ以外でも梅さんと愛理の選曲にはスクールの影響を感じさせ、それだけに千聖のカントリー・ロードは突出している。めぐはこのころから「頭の中ほとんど彼氏♪」とか歌ってたのかと思うと無性に泣ける。舞波もデートの途中でメールとかしちゃってんだろうね。

…ってあれ?かんにゃは?かんにゃ…というわけでかんにゃのソロ曲が聴きたい。どんな選曲をするんだろう。たぶん℃-uteの曲を選びそうだけど、それよりも前にはかんにゃは何に憧れていたんだろう。そんないつかの憧れを叶えてあげたい。ソロイベはかんにゃに2枠でファイナルアンサー。梨沙子とかどうせ当たんないしね。

とか言ってたらまいまいに当たってしまいました。なにその毒に当たったみたいな。うわーどうしよー。なんかもう「当選」の文字を見た瞬間、「つんくとか来て楽しかった」から始まってリリパットとかインドカレーとかまいまいとの楽しかった思い出が走馬灯のように頭に浮かんでは消え浮かんでは消え…しっかりして自分。とりあえず龍角散買ってこなくちゃ。ノドがよく通るように。言いたいことはもちろんある。キューティーガールズ、寝るキュー、群馬コン、あんなことやこんなこと、でも実は熊井ちゃんが本命だったことだけは絶対内緒にしておこう。これでもうかんにゃは当たんないね…。
posted by sleeping mizuki at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ベリキュー!」#33


武者小路実篤様。その場かぎりの快楽だと思っていたことが、のちに思い出となる幸福だったと気付くこともあります。

Q.東京都のシンボルマークを描きなさい

これは絶対東京出身者の方が有利に決まってる。

まずは梅さん(浜っ子)。「なんでわかんないの?」とか言いながら四角を描いてる時点でヤバイ、ヤバイよ梅さん。それは国旗っていうんだよ。フリだけは完璧。でもそれをガチでやってしまうから怖い。岡井ちゃん(ソリっ子)まで失笑です。

続いて梨沙子(神奈川県出身)。最近とみに顔が変わってきているように見える。人形みたいだったのが人間らしくなってきた。梨沙子の内面が顔に表れてきているのだと思う。そうなるともう単に顔がかわいいとかだけじゃなくいとおしい。事務所に行くとき乗る電車にも、あのマークがついてることをちゃんとわかってる。まぁさを普通にママと呼んでるのがまたかわいい。

梨沙子の出すヒントをけげんそうに聞くなかさき(埼玉県出身)。「木の実」に反応してどんぐり。あっさり不正解。

すかさず熊井ちゃん(神奈川県出身)が敵討ち。なかさきちゃんを不正解にしていいのは私だけ!丸描いてチョンの木の実はまさにどんぐりの背くらべ。敵討ちならず。

まぁさ(東京都出身)が吠えてるけど神様は無視。とりあえず答えとこう、まいまい(埼玉県出身)。

「それはなんですか?」
「え?…植物…」
「の何?」
「の葉っぱ」

いや間違ってはいないんだけどさぁ、ちょっと広げすぎだからー。若干投げやり。

寝過ごすキャプ(神奈川出身)は電車の車体なんて見てないんだろうなー。なにそのわっきゃない。

「須藤ちゃん最後!」

ついに来た東京都出身!まぁさがただ一人東京出身なのを知っててわざと最後に答えさせたのだとしたら、神様は神!あのマーク、バスにもついてるしガードレールでもよく見かけるよね!

…なにそのホームベース。

posted by sleeping mizuki at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ベリキュー!】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする