2010年01月31日

春の嵐の前の静けさ


見慣れた景色が変わってて、バックダンサー新たに4人。真野ちゃんに近い二人はいわゆる事務所推しってことでしょか。のちのスマイレージ前列であるみたいな。大外からでも目鼻に特徴ありすぎてすぐわかるよねタケちゃんじゃん。あと一人なかなか映らないんだけど右端の。これ誰かな?ってあれ?

…ふくちやん!!!

やっべぇ!アルカノイドで一日潰してる場合じゃねえ!これで真野ちゃんが歌番組に出たらフクちゃんも一緒にテレビに映っちゃうじゃんか!Mステでイケメンさんと出会っちゃうかも?(まだまだトラウマだぞ!)

鯛鰤、かいぶつ、ノリメンとどれかには入るだろうとたかをくくっていたらどれにも入らなかった。さらにシャッフルではしゅごキャラエッグ!は歌わなかったらしい。なんで?なんで?なんで?わっかんないね。この世界に入ることになったきっかけを顧みれば、ことによると小春に噂されるような複雑なマネジメント事情が絡んでいるのかも…なんて思っていたけれど!

しゅごキャラエッグ!だけでも良いチャンスをもらっている。研修生という立場からしたら毎週地上波で見れるなんて贅沢すぎるくらい。でも上を向いたらきりがないから今あるチャンスに食らいつくだけ。ヲタとしては目の前のイベにしがみつくだけ。サイを振るならない袖も振る。微力の限りを尽くします。あの子に輝いてほしいから!
posted by sleeping mizuki at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

私の魅力に気付かない鈍感な熊


nackyhavelylonelyjealousy.JPG

まずは問題となる画像を参照していただきたい。これは熊井ちゃんが光井に「あーん」をした直後の様子だ。おどける光井にいつになくはしゃぎ気味の熊。「光井がなかさきだったらなぁ…」くまさきヲタならため息まじりでつぶやくところ、二人の絡みがないからといってそこにはなにもないわけではない。このときつぶやきにもならない複雑な思いが渦巻いていたことを見逃してはならないのだ。

「あーん」を一瞥したなかさきは何も見なかったかのようにすかさず視線を宙へと移す。「ふん」とでも言いたげに、アゴにはしっかりとしわを寄せて。横顔だけどあなたの笑顔。うれしそうな熊井ちゃんに何を思ったのだろうか。心中を慮れば穏やかではいられない。

光井×熊井
光井×菅谷
光井×中島
熊井×菅谷
熊井×中島
菅谷×中島

考えられうる上記6パターンのうち、当該メイキング映像において明確な絡みが認められないのは奇妙にも「熊井×中島」のみである。これに何らかの意図が介在していることは想像に難くないだろう。背後で糸を引く者の正体はいまだ詳らかではないものの、もはや見える見えないはさしたる重要性を持たない。見えない先に何を見るかこそが問われているのだ。この空白はそのままでは何も見えない。なかさきの言葉にならない視線を感じ取るときに、こんな図式が見えてくる。

中島×(熊井)

イチャイチャばかりがガチじゃない!

「まだぞうさん使ってるかなぁ…?」

これから花粉の季節ともなればティッシュケースが大活躍。熊井ちゃんはおそろいを使ってたことなどすっかり忘れてタイのおみやげにまたぞうさんのティッシュケースを買ってきてしまうのです。

「熊井ちゃんのバカぁ!」

バレンタインへつづく…
posted by sleeping mizuki at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガーディアンズ4の曲頭パート割り推移について


「おまかせ♪ガーディアン」

菅谷→光井→中島→熊井
菅谷→光井→中島→熊井


「School Days」

光井→菅谷→中島→熊井
光井→菅谷→中島→熊井


「PARTY TIME」

光井→菅谷→熊井→中島
光井→菅谷→熊井→中島


「Going On!」

光井→菅谷→熊井→中島
光井→菅谷→熊井→中島


二番手と三番手の間に見えない壁があるのだとすれば、スマイレージは誰もが一度は飛び越えているのだが、ガー4に関してはその壁は高く強固であるようだ。くまさきの三番手争いがなんだかとっても無駄なことのように思えてならない。

しかし大切なのは二人が並んでいるということ。熊声にケロが続けばふたりはNS。わたしの横にはいつもきみ。新曲の二人パートでも離ればなれのくまさきは、後列に回るかさもなくばこんなときでもないと一緒に並ぶことはないのだから。
posted by sleeping mizuki at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【研究ノート】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

憲法の放置


スルーにはスルーを。憲法を政争の具にしてはならないという花音の高度に政治的な判断でしょうか。状況は一転、沈静化の様相を呈しています。

憲法の放棄を謳った幻のダーワード憲法第1条は、想像するに「和田を以て貴しと為す」。つまりあやちょが憲法なのです。あやちょという存在を文字に落とし込むことの不可能性を表して余りある今回の事態。出し抜こうとした花音が出し抜かれる。裏をかいたつもりの花音が裏をかかれる。憲法の策定についてのそもそもの発案は花音の側にあったらしいことがツブログにて匂わされていますが、それすらあやちょにかかれば風の前の塵に同じ。このまま一人ケンドルでいたらなんだかあやちょにはめられたような気が…。花音の心の雄叫びが語らずにして聞こえてくるようです。あなたとは違うにょんって。

でもあやちょのことだから、みなが忘れたころにまた何か言い出すでしょう。そして花音のことだから、みなが思っているようにまた対抗してくるでしょう。9月横浜JUMPでの「どれくらいまで人を待てるか」というあやちょへの問いに端を発する“一分一秒の争い”とまったく同じ進行過程をたどったこの憲法論議は、これからも同じような事態が起こりうることを示唆しています。長くはないそのときまでしばしの休戦。

posted by sleeping mizuki at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

スマイレージの曲頭パート割り推移について


「ぁまのじゃく」

前田→小川→和田→福田
前田→小川→和田→福田


「あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい」

前田→和田→小川→福田
小川→福田→前田→和田


「スキちゃん」

前田→小川→福田→和田
前田→小川→福田→和田


「オトナになるって難しい!!!」

前田→福田→小川→和田
福田→前田→小川→和田


特徴めいたものを挙げてみれば、1番と2番で曲頭のパート割りが固定されているのが「ぁまのじゃく」と「スキちゃん」。「あすはデートなのに、〜」では2番において憂佳が三番手に下がり、やや特異な配列を示す。

また、曲頭パートは曲ごとにすべて変わっており、したがって、おそらくはメジャーデビューの第一弾となるのであろう次曲においてもさらなる変化を見せることが充分に予想される。

「ぁまのじゃく」のかき消える花音コールに同じ四番手として呪縛の熊井ちゃんを思い出してた。それが今、2番とはいえ一番手。熊井ちゃんでいえば「VERY BEAUTY」。いよよ殿上人となり給ひてメジャーなる舞台へ昇らむとす。ソロパートを駆け上がって、花音物語スマの巻の始まり。
posted by sleeping mizuki at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

憲法の放棄


ダーワード憲法は一行の前文を残し、明文化不能な慣習法としてその役目を終えました。さすがの花音もこれは想定外だったでしょう。また考えるという暇なときは一生来ないと思います。全文どころか起草案すらままならなかったダワ憲ですが、国民みなさまにたった一つのとうにわかりきっていた真実を教えてくれました。

あやちょは飽きやすい

最近あやちょがのび太にみえます。

posted by sleeping mizuki at 01:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

憲法鼎立の時代


新嗣永憲法(2009〜)
ダーワード憲法(2010〜)
苺魂花音憲法(2010〜)

この場合の憲法とは、近代国家成立の要件となるような最高法規ではなく、各々の領地内でのみ効力を有した家法や法度などの戦国法と呼ぶべきものであり、期はまさに乱世を迎えていることの表れとみることができよう。

また、嗣永憲法が新嗣永憲法へと装いを改めたことの意味は、わが国の歴史に照らせば、ひとつの時代が終わり新たな時代が始まることにあった。終わったものははっきりしているが、始まるものはまだこれからもあるかもしれない。
posted by sleeping mizuki at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

前略イカ娘


あやちょw
イカ食ってるww
イカドルwww

憂佳の奥でサキチィーもモグモグ。イカ食うスマも好きずき。
posted by sleeping mizuki at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/11/17【恋するハローキティ】青山円形劇場


あやちょw
箱女ww
おじぎ5℃www
触覚びよよんwwww

ブリキのロボットというより不思議な筐体。そんなあやちょも含めて、アイドルの舞台としてこれ以上ないものだった。思わず寝る子と比べたくなるくらいに。

身を引くキティになにを見る。キスがしたいは人間の本能。キスをしないはアイドルの宿命。

晴尾くんはキティです!

じゃない!

キティは真野ちゃんです!

じゃない!

真野ちゃんは、アイドルです!
posted by sleeping mizuki at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【イベント】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

2010森咲樹主演ミュージカル3月〜天王洲GOLD!〜


モリサキのサクラサク。春の匂いがする朗報。新人公演に出るのは難しいかもしれない。でもモリサキにはモリサキのGOLDがある。なにより、このような場所に立つための新人公演であったのだから堂々と欠席しても誰も文句を言う人はいまい。銀の劇場には金の楽器を。もう何度も塗り重ねられたキャンバスに、さっと一筆、金がまぶしい。
posted by sleeping mizuki at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

ケロはネギを背負って


光井にニンジン、梨沙子は大根、熊井ちゃんにはパイナップル。それぞれにそれぞれの、トーテムとしての意味があったりなかったりするのだろうが、この場においてはただひたすらなかさきとネギの取り合わせに快哉を叫ぶしかなかった。

嫌がるなかさきにむりやりネギを押し付けるPV監督(ライオン)のセンスが光る。たとえ拒否されようがより良い作品作りのためには通すところは通す。そんな監督としての気概が伝わってくる仕事ぶりだ。ネギスティックで華麗に変身!魔法少女プリティーサキー?一緒にネギ持ってケロモード!クッキンアイドル目指しちゃう?葱色のファンタジーは胸がキュフフン!大好き好きが止まらない(キュフ!)

さてPVの見所はといえば、一曲につき必ず一回はあるくまさきコンタクト。今回はDohhh UP!時間の00:45、大切なのは今この瞬間。いっこうに進展もせず後退もしない。くまさきのつかずはなれず、この関係Going On!熊井ちゃんの全長もGoing On!ネギティブハートにロックオン!
posted by sleeping mizuki at 11:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【レビュー】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010/1/9【歌超風月モベキマス! Hello!Project 2010 WINTER】中野サンプラザ


千聖があおってひな壇後列の明日菜が応える。前列には左に舞美、右にタケ。親戚とか合流してにぎやかに。またあるときは左になかさき、右にかにょん。これぞハローの中崎花音。

千聖 中島 福田 関根 彩里

犬ケロがイチャつき、せっきーといろりもなんだかいい雰囲気。こんなとき間に挟まれたかにょんが寂しそうで気になってしまう。一人じゃ意外と小心ものなんです。せっきーよりもなっきぃとよく盛り上がっていた。

(仙石) 譜久 平野 田中(れ)

あこがれいなとは言葉を交わしたりしない平野さん。それどころか昼夜見ていてフクちゃんともコンタクトした様子はなかった。やがて左端にせんごくが加わると、フクちゃんはほっとしたように顔を見合わせる。まだ洞窟の入り口で入るかどうか迷っているようだ。

くねくねの髪を振り乱して踊るフクちゃん。ひな壇ではさゆの卑猥な淫夢話に苦笑の面持ち。杏里さんの復活により、フクちゃんが彼女にしたいエッグメンバーベスト3が久しぶりに勢ぞろいですね。いつになく激しい青空でピンクと黒のストライプがいつまでも見えるような未来であれ!せっきーのピンクときっかの黒なんて全部全部興味ない。フクちゃん!フクちゃん!フクフクフクちゃん!フクちゃんがかわいすぎて生きていくのが死ぬほど辛い。
posted by sleeping mizuki at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大のオトナになるって難しい!!!


なんだかんだ言って彼がほしい世代だからたとえ小川紗季に好きな男の子がいるとしてもだ、断じてサキチィーにそんなもんはいない!
posted by sleeping mizuki at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

もったいないことしてないかい


いつも跳べないハードルを 負けない気持ちで クリアしてきたけど
出し切れない実力は 誰のせい?

「ゆずれない願い」

誰のせいにもしたくないけど、もう戻れないタンタンターン!言わずにいられぬ脾肉の嘆。ハロプロがこの先どうなろうとも、ハロプロに憧れた女の子たちの夢を死なせるわけにはいかない←そのためにはやっぱりハロプロがどうこうなるのは望ましくはない。

複雑な事情が絡み合って、必ずしも正当な評価を受けることの叶わない世界。見える答えがない世界。モリサキちゃんが最近やけにかわいいのはなんで?そんな問いには自分で答えてみるしかない。
posted by sleeping mizuki at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

心のチーズ光にかざそう


あいも変わらぬとらのすけへの偏愛ぶりに気もそぞろ。たいそうにも種類は「アメリカンショートヘアー」だなんて群馬のどこでそんな横文字の猫を拾えるというのでしょうか。外の犬小屋でチーズが寒さに震えているかと思うと心のわさわさがやみません。

しかしちょっと考えてみてください。なぜとらちょはあんな身動きの取れない服を着せられることになったのかと。それはあやちょが福袋を買ってきたから。でもその福袋、いったい誰のために?

この前、とらのすけに
犬用の福袋に入っていた、子犬ようの服を着せたんです!!!!

「犬用」

ああ、後白河法皇の…ってそれは今様。そうです、これはチーズへのプレゼントだったのに違いありません。でも入っていたのは子犬よう。チーズにはちょっとばかり小さいので結局とらにお鉢がまわって話題を独占。いいんです今は耐えるときです。あの小さい服をチーズの頭にむりやりかぶせなかっただけでもよしとするのです。いずれGREEにもチーズ様の名をとどろかせてやりましょう。捨て犬から愛犬へ、秀吉か!綱吉か!立身出世のサクセスストーリーが鶴舞う形の群馬県から全国へと羽ばたきます!すべてはあやちょしだい!だから不安!
posted by sleeping mizuki at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

さよならにさよなら


嗣永「以上、ニュース番組ごっこでしたぁ」

Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.21

いつか桃子がこの世界を去るときが来るのなら、あくまでもこんなふうに軽いノリでアイドルごっこは終わりだと言ってほしい。そのほうがヲタも怨霊にまではならないと思うのだ。人生にくじけてる人が一人残らずいなくなったら桃子もいなくなってしまいそうな気がするから、明日もしっかりくじけよう。そんなときが来ないのならそれでいいけど。
posted by sleeping mizuki at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

地図にない丘


現場に行かないとわからないことがあった。いろりにあった。タケにもあった。まぁなもあって佐保ちゃんりっちゃんみなあった。あって当然とばかりにさぁやもあった。フクさまも確認させていただきました。りなぷーはあったっけ?でもスタイルがめちゃくちゃよくてびっくりした。絶対領域がいちばん輝いてた。カリンは小5だからちっちゃいんじゃなくて、小5のなかでもかなりちっちゃいほうなのではないだろうか。才能と引き換えに身長を失ってしまったとか。だったら熊…なんでもない。奈菜美ちゃんはちょっと周りのテンションについていけないようだった。森ちゃんは前から知ってたよ。サキチィーは実はあるって知ってるよ。

あっすーの丘は山脈になっていた。なんたる造山運動。母なる大地の懐に丘をまく坂の道こんな僕を叱っている。筑波嶺のみねより高い吉川友。きっかはゆうかを駆逐するのか?せっきーの双体道祖神がケンカして暴れてた。拓本とりたい。ここにこみねっちとあやのんがいないこともいないと思うことも淋しい。次の新人公演にはぜひきてほしい。そして同じ衣装をきてほしい。
posted by sleeping mizuki at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みみずに黄昏れる日


another world.JPG

ミミズを他界せしめんとする和田彩花さん(受験生)
posted by sleeping mizuki at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

黒服禁忌


福田「あ、ハチ!」

bee attack.JPG

ゆうかりぃぃぃん!その衣装脱がなきゃぁぁぁぁぁ!
posted by sleeping mizuki at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 【寝る子はキュート】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

熊井ちゃんお知らせ準備完了のお知らせ


大ニュースでーーす!!!
これは、夢ではありません(・ω・)!

熊井ちゃんがイチゴを食べたんです!

決して熊井ちゃんのための企画ではなかった。しかし熊井ちゃんはマリンレッドと同じようにスタッフさんがせっかく用意してくれたものだから食べないわけにはいかなかった。そして食べたら、言わないわけにはいかなかった。他のメンバーは特に嫌がることもなく食べているようだ。「あたし実は…」と切り出すときに、誰もが好きなはずの寿司が嫌いな舞波の気持ちを少しはわかってくれただろうか。レモンはがぶりと血が出るほどに、イチゴはぱくりと控えめに。今だけは長くてつまらない熊口を叩かないで。熊井ちゃんが少し小さく見えたのは、L字並びの最奥に追いやられてるせいだけじゃない。笑顔が少しこわばって、試すように探るようにゆっくり牙が向けられた。

イチゴを食べたこの時に、克服されてうれしかった。こたつでイチゴは縁起物。万感の思いを込めつつ、問題の発言を改めて書き起こしてみよう。

舞波へ

デビューして一緒に活動してきたなかで、私がすごいなって思ったことは、舞波はイチゴが好きで、好きって言ってたことがすごいと思ったよ。だってあたしはイチゴが嫌いだから、すごいと思いました。卒業してもBerryz工房を忘れないでね。イチゴが食べれるようになったら舞波にお知らせしたいなって思いました。

結成からCDリリース、ラジオ収録に各種イベント、合同コンサに初単独と、短いながらもぎゅっと詰まった8人の歴史をすべてひっくるめた上で、熊井ちゃんがすごいと思ったのはイチゴが食べられることなんだよ。他にないのかよ!ないんだよ。でもそれでいいんだよ。こんな形で日の目を見ることになったんだから。イチゴが食べられる熊井ちゃんをすごいと思ったよ。

イチゴは時に魂の具現。することはもうわかるよね?準備は万端、言うのは簡単、やってみるのは意外と困難。番号知らなかったら学校に電話しちゃえばいいんじゃないかな?(ダメです)お知らせしたよっていうお知らせをいつまでも待ってるよ。
posted by sleeping mizuki at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【舞波】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする