2010年07月30日

遠い目の花火


みずきちゃんと花火大会見に行きたいっ!!浴衣姿を拝みたいっ!!「花火きれいだね」って言っておいてからの「でもみずきのほうがきれいだよ」って言ってみたいっ!!どうして隣にいないのみずきっ!!もういやだよこんな気持ち。みずきに会えない夏なんてやって来なけりゃいいんだよ。みずきが来るなら夏もあとからついてこい。
posted by sleeping mizuki at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつかどこまで


【身長】
176cm!!

「前略プロフィール」熊井友理奈

「サバ読みもいいかげんにするケロ!」
「するケロ!」


angryangry.jpg


直木三十五がその筆名を年齢にあわせて増やし三十五でぱたりとやめてしまったように、熊井ちゃんも176cmで身長をとめてしまったようだ。

めんどくさいか乙熊心か、いずれにしても実際に止まっているとは考えられない。人が年齢を重ねるように、熊井ちゃんは生きてるかぎり成長期。二も三もなく伸び続けていくのだから。もしも身長が止まるようなことがあれば、そのときは世界のすべてを縮ませてでも熊井ちゃんを大きく見せる。

15歳の誕生日に「四捨五入するとハタチ」と言った熊井ちゃんも、自慢は身長ハロプロNo.1だと言う熊井ちゃんも、決して自分の身長を四捨五入しようとはしないのであった。
posted by sleeping mizuki at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

熊の種類はスティグマです


熊井も「やっぱりイルカはみんなのアイドルだと思いました」と話した。

「Loricon Web De-View」2010/7/23

なに言ってんだよ。熊井ちゃんほど誰からも(アイドルからも)愛されているアイドルを知らないよ。文化の極みがアイドルなら、熊井ちゃんはアイドルの極み。アイドルの中のアイドル、戦国時代のアジールだよ。すごいよね熊なのに。熊ドルだね。人気投票したらイルカを上回ったりするとはかぎらないおそれはあるかもしれないけど、熱烈な一部支持層からの怨念にも似た票によって、愛情の総和としては熊井ちゃんのほうが上。

「それにイルカより絶対熊井ちゃんのほうがでっ…なんにも言ってないケロ」


silent nksk.jpg


でも実際、「ちょっと怖い」と言ってイルカに腰が引けてる熊井ちゃんは、まるで僕らが熊井ちゃんに対するときのようでもあって他人、いや他熊を見ている気がしない。
posted by sleeping mizuki at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

かいしんのいちげき


iruka badluck.jpg


仏教は殺生禁止ですが、入鹿なので大丈夫!!
posted by sleeping mizuki at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

純白憂佳の黒いとこ


pure white.jpg


このまま甲子園のポスターに、って調べたら去年からやってないじゃんよ!作っちゃえ作っちゃえ!それっぽいの作っちゃえ!原始、女性は太陽であったなら、ゆうかりんの黒点はその名残であるだろう。靴下はワンピース。いずれにしても正統派。

太陽に写り込む黒い点は黒点ではないらしい。難しい説明はさっぱり理解できなかったが、機器の構造上の理由によって実際にはないものが写し出されているようだ。ゆうかりんの黒点だって、実際に触れたわけでもないので本当にあるのかはわからない。ときどき見えなくなることもあり、しかしこの写真のよいところは消そうと思えば消せるところを消したりしてないことにある。消されるべきほかのノイズとは明らかに違うということだ。いつの日か憂佳の黒点に触れる者は、憂佳に再び純白を着せる者となるだろう。


sunspot.jpg
posted by sleeping mizuki at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夕陽の向うの女の子


western heaven.jpg


目覚めた時は窓に夕焼け
妙にさみしくて目をこすってる

リアル少年期をやってしまった。少年じゃないのにとか言わないで。気持ちだけならフクちゃんと同じかちょっと上だから。ちょっとじゃすまないとか言わないで。夕焼け空があんなに遠い。ずっと向こうにいとしい人がいるなんてまるで西方浄土じゃないか。お祈りしとこう阿弥陀如来。みずきと同じ部屋になったエッグちゃんが詳細レポしてくれますように。ふだんは別の世界にいるから、神戸にいるとわかっただけでもそれだけ近くにいる気がするよ。ほんとヲタクって勝手だね。
posted by sleeping mizuki at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡井家の夏が呼んでる


蝉の幼虫?が蝉になる途中を弟が発見して兄弟で感動してました\(^ー^)/

「℃-ute公式ブログ」2010/7/23(岡井千聖)

弟は元気にセミを採って
私に
ずいぶんと自慢げに
見せびらかす
MISSING

Berryz工房「蝉」

夕暮れ時に散歩するなら川遊び。日本の夏、岡井家の夏。ベリーズの「蝉」は、セミを採る元気な弟が、MISSINGへと導かれる私の寂寞と色濃い対比をなしている一方で、岡井家は弟が発見した蝉を見て、兄弟みんなで感動を分かち合う。

「蝉」曲中、私の陰りを帯びた視線は、自慢げにふるまう弟よりもむしろはかない命をまっとうしようとするセミに向けられており、それは同時に田舎に滞在する一週間足らずの時間とも重ね合わされよう。ベリーズの蝉ははかなさの象徴であるのに対して、岡井家の蝉はまさしく生まれいずる生命の神秘。しかし同工異曲、羽化を見つめる岡井家たちにもきっとこの曲がよく似合う。それは岡井家がもっとも静かになる瞬間であるから。あるいはやはり岡井家らしく、命がけで殻を破ろうとする蝉を応援と称して囃し立てていたのだろうか。

うるさいな 羽化した蝉の ひとつ鳴く

土の中から出てくるか、鏡の中から現れるかの違いがあるだけで、夏美ちゃんって蝉みたいだよね。長い間隠れていて、せっかく出てきたのに「もう時間がない」とか言ってすぐに夜空へばいちゃーこ。お見送りしてもいいですか?ちゃんと殻を抜け出てこれるように岡井家はsheの儀式をしていたんだね。さすが占い師の一家。

空蝉の 目に囲まれた 日の記憶
posted by sleeping mizuki at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして神戸


汗がだらだら休みもだらだら。なにをするにもだらだらしてる。汗かきだけは球児なみ。過ごしやすい休日はあれこれやろうとするわりになんにもできずに日が暮れてなんだか後味悪いけど、これだけ猛暑が暑ければなんにもやる気にならなくてそのまま一日終わるから予定を守れてうれしいな。

薄いからという理由でなにげなく開いた格言集が自分の人生すぎて笑った。このようにしか生きられないと悟った。読み進めてもこれ以上の言葉にはまだ出会えていない。

生活はすべて次の二つから成り立っている。
したいけれど、できない。
できるけれど、したくない。

行きたいけれど、行けないときは、できることを、するしかない。恋愛の彼岸と此岸、遠距離生写真に薄れる面影だけを見る。スカイツリーに火がつきそうなあのかげろうの向こうにはまぼろしすぎるきみがいて。おっと神戸は逆だった。
posted by sleeping mizuki at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごめんねみずき様


〜夏の太陽にあやまりたいくらい、君が好きだ〜

ちょっと何言ってるかわかんないけど、冬にアイスを食べるときは夏に申し訳なく思う。

握手会でみずきにたどり着くまでに用意していた言葉が飛んでしまったことがある。なんにも言わないわけにもいかず(でも一度は無言で手の感触だけをまさぐってみたい)、「言うこと忘れちゃった!」と開き直ったら、なにをどう受け取ったのか「ごめんなさい」とあやまられた。

自分死ねと思った。伝えたいことぐらいはちゃんと伝えたい。度が過ぎたいとしさはあやまらない。伝えられないつたなさをあやまりたいくらい、君が好きだ。やっぱり何言ってるかわかんない。本当に伝えたいことなんて、言葉にしたらかわいいと好きしかない。「メシ風呂寝る」に愛情込めて、みずきかわいい大好きだ!
posted by sleeping mizuki at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

あまいぞりつこ


中間テスト終わったよ.
りえは中間テストをあまくみていました↓↓
この次はがんばるさー!!
りっちゃんでしたℓ!

ハロー!プロジェクトショップ渋谷店プッチミュージアムポラ写真コメント(7月)

映画では頭いいキャラだったのにね…。点数とかは聞かないよ。りっちゃんのことはあまくみてない。この次はがんばれさー!!さくらんぼのイラストがあまそうでした。
posted by sleeping mizuki at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

あの熊に輝いてほしいから


夏ハロといえば毎年恒例、あいつの誕生日が今年も近づいてきました。すでに開業17年目のスカイツリー。梅雨が明けて暑さの厳しい昼下がり、忙しい仕事の合間を縫ってプレゼントを探しに来た人がいるようです。


shocking.jpg


「困ったケロ…どこにもちび電おいてないケロ…」


会場をグリーンに輝くちび電で埋め尽くすのがなかさきの夢。熊は裏切らないから、自分も熊を裏切れない。同じ楽屋でありながら、近寄りもせず写真もとらずに傍若無熊(傍らに熊なっきぃがごとし)を決め込んだのもすべてはこの夢のため。サプライズは秘密裡に。誰も知らない知られちゃいけない。でもなかさきは肝心なことに気付いてなかった。八月の朔日は熊誕まではあと二日。そしてあやちょのおたおめ当日。
posted by sleeping mizuki at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

LONELY YOU


んで!
今までずっと1人が苦手だった岡井千聖ですが笑

最近1人でいる事にかなりなれました(´vωv`*)
むしろ1人が楽に感じる時もありますっ
自分だけの時間を過ごすのも大切だと感じるようにもなりました!
一人でいると、いつも感じる事のなかった事も考えるようになったし(*^∀')
少し大人になった気がしますっ!!!(笑)

「℃-ute公式ブログ」2010/7/6(岡井千聖)

ひとりぼっち おそれずに
生きようと 夢見てた
さみしさ 押し込めて
強い自分を 守っていこ

「カントリー・ロード(日本語詞)」

あの千聖が自分だけのカントリー・ロードを歩み始めている。キッズオーデから8年、今こそソロで歌うべきではないだろうか。千聖にとっての帰りたいふるさととは、生みの家岡井家ハウスに他ならない。コーラスは岡井家総出で願います。望郷は寂しさだって風景に変えちゃう。広い世界にこんな家族は岡井家ぼっち。

千聖が一人で過ごしているとき明日菜はなにをしてるんだろう。この道ずっと歩いていけば明日菜が待っていたりして。そしたら一緒におうちにかえろ?来た道戻って岡井家へ。
posted by sleeping mizuki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕焼け一本道


sunstreet.jpg


夕暮れ時しか姿を見せないまばゆいきまぐれオレンジロード。この道ずっとゆけば譜陀落に続いてる気がする。オレンジの夕日が、かわいすぎる君すぎて。みずきよりきれいだなんてそんな夕陽はない。

今日の終わりは明日の始まり。日が昇るまで今日でいて。夜の帳は暮色蒼然。知らない昔を思い出す。一番星が明るすぎて飛行機と間違えた。輝きすぎると見つけづらい。探す練習でもするか。


orange-mizuki.JPG
posted by sleeping mizuki at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽のせいで


屋外での撮影とはかぎらずに、室内でも罹患することがあるという。水分をとるのはもちろんとして、こんなときこそイカだよサキチィー。ほんとはあたりめ好きなんでしょ。がんばらなくてもええねんで、なんちゅうわけにもいかへんのやろ?

猛暑だからもーしょーがない!とゆうかりんが言ったかどうかは定かでないが、家でよくおやじギャグを言ってすべってるというりっちゃんが、いつメンバーの前で言い出すのかが楽しみでもあり心配でもあり。ともあれいま心配なのはサキチィーで。そしてインフル禍と同様、伝える手段のないメンバーはなにが起きてもわからぬわけで。太陽にあやまらせたい夏。
posted by sleeping mizuki at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

言えない気持ちを抱いたまま


sundrop.jpg

一緒に星を見に行ったらそのまま星になってしまいそうだから、星が出るより少し前、沈む夕陽を見に行きたい。みずきの次にきれいな夕焼け。願わくば夕陽の下にてなんとやら。ここでならなんでも言えそうな気がする。

一ヶ月も会わないと写真ばかり見て顔を忘れてしまいそう。ずっと忘れてたのはこんなエモーション。この画像が夕焼けの本当の美しさを伝えていないように、写真に話しかけるだけでは伝え切れないいとしさがある。

会えば会うほど募るばかり
会えなきゃ寂しくなるばかり
なんて身勝手な
そして困難な
恋をしたのでしょう

ホシノ・ルリ「あなたの一番になりたい」
posted by sleeping mizuki at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

遠くにありて


中2女子が遠出してお泊まりなんてなごやかではいられない。みずきと一夜をともにするうらやまけしからんエッグは誰だ!小中メンはカリンの部屋に大集合。タケ坊がそばつゆこぼしたり、りっちゃんが目を開けたまま寝ていたり、佐保ちゃんもイスがあればグルグル回っちゃう。きっとそんなベリキューにも負けない楽しい光景が繰り広げられているだろう。さぁやと同じ部屋だけはなんだか心配になる。

にじみ出る汗、寝苦しい夜、太陽に灼かれて気づく寝覚めの床。二人でおねんね、SUMMERしたい!濃い目のコーヒー一気に飲みたい!ベリヲタ時代は庭のごとくに通った名古屋が今はとてつもなく遠い。なにがあってもおかしくない、遠くへ行っちゃう夏休み。一緒に行けないけど遠ければ遠いなりにするべきことはありあまる。みずきが名古屋でがんばってるなら自分もこっちでがんばらないと。そう思えるようにならないと。みずきちゃんがどんどん先に行っちゃうから私怖くて…なんだこの聖司と雫。せめて自分が聖司でありたい。名古屋に行ってこんなんじゃ、全国ツアーじゃ死んじゃいそう。みずきが死ぬほどかわいいから、この夏も死なないように生きていきたい。

あ〜いとしいあの人、名古屋名物なに食べたんだろう?
posted by sleeping mizuki at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ花咲かぬ夜の9時前


バックダンサーはいらないだろ?てかむしろ俺たちだろ?だからきっかは歌うべきだろ?あの日芝公園にいたヲタはみんなそう思ってるぞ。新人で止まってほしくない。ここでガツンと歌ってやればモベキマヲタはその実力に納得してくれるはず。だって実力あるんだから。先輩と事務所が違うなんて、時は違えど同じオーデに落ちた仲だろ?どうしても一人ではダメだというなら長野からせっきー呼べばいいじゃないか。東京より近いじゃないか。いきなりマイクを奪い取ってクーデター起こしちゃダメなの?そしたらつんくさんはピコーンしてくれないの?違うの?なんなの?バコーンなの?

バックダンスで踊っているのとマイクを持って歌うのとでは、見えてる景色が違うはず。「いつもと違う景色に変わった」と歌いながら二人はそれまでに見たことのない景色を見ていたはずなんだ。デュエットの経験はあってもそれでもなお特別な。もう一度、と言わずに何度でも、いつもと違うあの景色を見ていてほしいし自分も見たい。
posted by sleeping mizuki at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽屋で見かけるあの人に


あそうそう
会場の楽屋は、Berryz工房と℃-uteが同じ楽屋なんです

「℃-ute公式ブログ」2010/7/19(矢島舞美)

そうか、そうなのか!それなのにベリと写真とってないってどゆこと?大人数にまぎれてもダメ!熊井ちゃんとの2ショットしか認めません。ベリキューが全員入れる広い部屋でもそのへん見渡せば熊井ちゃんがいるじゃんか。嫌でも視界に入るじゃんか。ほれなかさき!岡井家のピンポン押したみたいに勇気をふりだして話しかけてみるんだよ。腕を目いっぱい伸ばせば熊井ちゃんだって画面に収まるんだぞ。
posted by sleeping mizuki at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇み足と二の足


でねステージに応援席というのがあるんですが、、、
ゆりながね、自分の曲が
終わったらすぐにそこに来ちゃって。
ほんとは、そのあとにMCだったのに(笑)
まぢおちゃめだなあ!!!かわゆいっ

「℃-ute公式ブログ」2010/7/18(萩原舞)

このフラインぐま!そしてゆりな!呼び捨て!
まぢageっす!

他グループと一緒になる意外と貴重なこの機会。愛理は例のごとく梨沙子と、ちさまいはモベキの垣根を越えるべく交流を図っているというのに、あのパヤ毛野郎ときたら…

ナカジマは、

室内にいたので

わかりません


はははッッ

今日は、ヒッキーちゃんです(笑)楽屋出て熊井ちゃんに会いに行け!でなきゃエッグの楽屋をレポしてお願い。ブログはたくさんあるわりにエッグの様子がぜんぜん伝わってこないぞ!
posted by sleeping mizuki at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

岡井ちゃん、再びまた寝る!


・いーい?850viewersを5分ずつ待たせたでしょ?
・わかっていても笑ってしまう桃子の闖入
・いま大もてのフリやっただろ
・川を探すのなら任せるケロ
・どうせザリガニとるんでしょ
・前髪切りすぎた土曜日の午後
・「参院選」は当然読めない
・漢字はほとんど読めない
・歩いてるその先の弁当屋へ
・入るやいなやから揚げ弁当をコール
・℃-uteってグループです
・どこのチーム?
・とりあえず桃子はいったんスルー
・掃除のおば…桃子さん
・いんどあハッハッハ?
・外がアウトドアですか?
・この番組ほんと自由ですね
・歩いていてもピントずれてる
・4年後は千聖20明日菜18おそろしい
・カラスも喜んでるな
・昆布が好き
・公園の端っこにひそんでいた桃ちゃんね
・クラゲみたいにLOVEがあふれ出るTシャツがまぶしい
・一年生コンビ
・この放送自体が犬の散歩のような
・から揚げ泥棒
・蚊仕事してんな
・ハエと蚊と嗣永桃子とハト
・都会の動物勢ぞろい
・エビがあるから天丼が好き
・ちょっと一曲聴いてください
・公園で公演
・おなかが出た朝も?
・立て!立つんだ桃子!
・いかげんにちてよ!
・悪意に満ち満ちた桃マネ
・一人では間が持たない桃子
・あいりんとみやと…ごき
・あれでよくない?エッグ
・スマ使いの荒い岡井先輩
・明日菜は愛理好き
・カタカナ読めないし言えない
・正解を教えられて問題を忘れる
・一人いたちごっこ
・二度あることは三度あれ!
・でも桃ちゃんでいいや
・寝る子はキュートだなあああ
・夏の昼と夜に起こりうるおよそすべてのワクドキが
・なぜテレビよりおもしろいのか

たしかに徒らな時間かもしれない。けれどこの共有感はライブならでは。同じ場所にいない分もっと強いかもしれない。見に行ってはつまらない。ていうかこれ再放送なのに。この自由さを熊井ちゃんにもわけてあげたい。
posted by sleeping mizuki at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする