2010年11月30日

もろこしの夢


美味しいとうもろこしがあるんです。


パパがどこにそのとうもろこしが売ってるか知ってるんですがね、

彩の家はそのとうもろこし大好き。

美味しいどころじゃない。普通のとは比較にならん美味しさ。。


あのとうもろこしを食べたら神様も驚くほど美味しい。。


『和田彩花公式ブログ』2010/8/4「とうもろこし」


ここであやちょが神様をひっぱり出しているのはどういうわけだろうか。と言ったところであやちょの言動にどうもこうもないのであるが、氏神がトウモロコシの茎で目を突いたために片目であるとか、それゆえにトウモロコシを作らないなどとする伝承が広くある。いわゆる作物禁忌の一パターンであり、そのような禁作の対象となる作物がもとは外来種であることと少なからず関係があるように考えられてはいるものの、少なくとも食物に関して言えば、りさこに禁忌はないようだ。このうれしそうな顔。化粧するよりすっぴんがかわいい。食べてる姿はもっとかわいい。鬼に金棒、りさこにトウモロコシ。今一番かわいいのは歯にトウモロコシをはさみながらドラマの途中でスヤスヤ寝てるりさこ。それはもうポップコーンをかじったままで眠りに落ちてしまうくらいに。


risacorn.jpg


焼きトウモロコシぉぃちぃょぉ
posted by sleeping mizuki at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の名は


ファイナルファンタジーの10にでてくるぱいんって女の子がいるんですその女の子から岡井家の愛犬の名前をとったんです ドラクエはやった事ないなあ

「岡井千聖の Concert Life」2010/11/29 23:47

すまんドラクエ派だ!ちなみにリップの名は、ヘンリカ役で出演したミュージカル「34丁目の奇跡」のセリフ「ピンクのリップスティック」より。長いのでリップと呼び習わしている(りなぷ〜が飼っているのは「ぷぷ」)。犬は身の回りの人間を順位付けしているのだというが、岡井家に生活する女の子で千聖のランキング何位だろうか?ゲームキャラから名をもらう犬。犬の名前がニックネームになった飼い主。
posted by sleeping mizuki at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あり余る勢い


おじぎの最終形態はでんぐり返し

2010/11/29「アリスタ!TV」

ジャンピング土下座からのおじぎ360℃。
posted by sleeping mizuki at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話さずに離さない


でも、終わってから皆と会った時、、、

前田彩里ちゃんが泣きながら彩の所に走ってきた!

彩はどうしていいかわからず…

とりあえず、
「いろ、かわいかったよ!」
って感想を言いました!



バイバイの時まで、いろはずっと泣いてました


彩は何ていうべきだったのか…

対応力がない和田彩花…

いろ、ごめんね。

『あや著』2010/11/28「新人公演」

悲しくって悲しくって悲しいとき、悲しいとも言えない悲しさと、それを受け止められない悲しさと。時間がたてば消えるって知ってはいても悲しくて。

決して言葉にはしなかった。言葉にしたら失われるなにかがあるという。もっとしゃべってほしいのに。スイッチON!もそうだった。耳元でささやくのみで拾えない片言。そこへマイクを向けるのは残酷ですらあったろうか。それ以上に野暮だったろう。

言葉では尽くせないから身振りや手振りで伝えようとする。「Bye Bye またね」が手話の動作を取り入れているのは、別れの悲しみが言葉では伝えきれないゆえなのだと今にして教わった。

言葉にはしないことで覚えておけることがある。たとえばアンコールで出てきたエッグが一列に立ちすくんでいる姿とか。みずきは森ティーに体を寄せてさめざめと泣いていた。ステージ裏でも離れずにいてそのまま出てきたように見えた。それを留めておこうとしてこうしてまた言葉にする。言葉にしたら消えてしまいそうなあの夜を。桃香がなにも言わなかったのは、今は優しさに思えてならない。
posted by sleeping mizuki at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

既確認生物


こんにちゎ今日ゎ曇ってるなぁそぅそぅ(絵文字:家)にケサランパサランがぃたのみんなゎ見た事ぁる!?

2010/11/29 16:16「Risakoの魔女っ子ランド」

りさこセレンドが盛り上がってまいりました。画像は?
posted by sleeping mizuki at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両雄並び立たず



kumaichansitting.jpg


ぉはぴんメイク完了ー撮影頑張りますっ見て見てー!スカイツリー始めて近くで見たっ朝からテンション上がるぅぅ今日1日ENJOYーっ

2010/11/29 09:50「ゆりなの ENJOY LIFE」

しゃがんで撮るなんてズルいよ熊井ちゃん。
posted by sleeping mizuki at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無断大敵



nkskchanplifering.jpg

勝手にメイクポーチを探して勝手に千聖のメイク道具を使うナカジマ(°□°;)

2010/11/28 12:49「岡井千聖の Concert Life」

ばれたケロ!って桃子と同じようなことやってんじゃねえよ!
posted by sleeping mizuki at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またねと言ったら絶対またね


みーこ、小夏、モリサキ、さぁやにきっかに平野さん。この6人でパートを回す。他のエッグは上手と下手で見守っている。お知らせなんてなにもない。ここからなにかを察するしかない。平野さんが今までに笑ったよりもたくさん泣いてた。透き通る肌が透けて見えるから白い涙。タケ坊は昼からぐしゃぐしゃだったね。そんなに泣いたらどうして泣いているのか聞かなくてもわかっちゃうじゃないか。

この曲のあのフリを一緒にやっていたら5年も前がよみがえった。あのときの「感覚」としか言いようのない感覚。アニメの最終回で、死んだはずのキャラがなぜか復活してるみたいに舞波が6人そこにいた。第1回の渋谷には本当に舞波が来ていたんだよ(見てないけど)。まさか最後にまたいるとはね。

ひとつの公演としてこれまでで最高のパフォーマンス。スマイレージや真野ちゃんがいなくたって見劣りしない、いたときだってこんなに全員輝くライブは見れなかった。わっきゃのさぁやは長い髪を頭ごと振り乱して連獅子の毛振りの所作のごとくに鬼気迫り、岡井ちゃんに「声が好き」と言われていたくーさんこと遥が「僕らの輝き」でリードボーカルを務めれば、「MADAYADE」はりさこと見紛う位置にりつこがいた。そのほか挙げればキリがなく、出番の多少は関係ないし、涙の量も関係ない。

ハロプロエッグの冬が始まる。泣いてるエッグを前にしてどうすればいいのかなんて、黙って見てるしかできなかったよ。それでもみずきが「もっと大きな声で」って言うから大きな声でもてなした。あやちょからいろへの私信がひたすら悲しい。悲しい以外になにか言いようがあるはずなのに今はただ悲しいだけ。

新人公演ってなんだったんだろう。花音の初心があり、真野ちゃんの原点があり、あやちょの思い出があって、のっちの努力の向こう側がかつてあり、サキチィーを泣かせ、ゆうかの悲しみと楽しさがあるところ。それはなくしちゃいけないんじゃないの。群雄割拠の片隅で戦国時代の徒花とならぬよう、こんな時代は早々に駆け抜けてしまいたい。卵のままが越冬しやすいこともある。クイズコーナーのつんくイズムによればアイドルに必要なのは挨拶と笑顔。そしてこれが問題となった執念。絶対に売れてやるという執念。
posted by sleeping mizuki at 01:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

覚悟を少し


セットリストにない曲の一つや二つはあるに決まってる。「Bye Bye またね」のそのあとに、またねはすぐにやってくる。見渡すかぎりの白いTOKYO。横浜だけど白いTOKYO。キッズヲタの懐深く、エッグヲタにも思い出深いさよならの曲。一番大事なソロパートは誰より白いあの人か。きわめて個人的な希望としては「I WISH」でもいい。ピ〜スもいい、笑顔に涙でもいい、そこで終わりでないのならなんでもいい。

ここ2回の新人公演からは固定化されたチーム分けが見えてくる。ゆるやかな年齢別になっており、明らかに優遇されている。バラバラだったエッグたちが半熟くらいにはなったのだろうか。特設サイトに張られたリンクがまるで今後の行く末を示すみたいで見えない未来が恐ろしい。

・アップフロントエージェンシー
・アップフロントワークス
・アップフロントインターナショナル
・Hello!Projectファンクラブ
・オデッセー
・アップフロントエッグ

アップフロントエッグのオーディションページにはこんな情報も。

2010年10月31日までに申し込まれた方へのお知らせ(2010/11/2)
1次審査合格の方のみ順次2次審査のご案内をしております。

年内には合格者が決まったりして。なんにせよ正月ハローがお知らせの場となりそうで。エッグなんてお知らせすらないこともあるわけで。こみねっちがああなるのなら誰がどうなってもおかしくはない。抱えきれない不安と少しの覚悟を携えて行く。
posted by sleeping mizuki at 01:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またとある瞬間に


初めてのさよならはすぐまた会える初単独、そうかと思えば衆生のお別れスイッチON!過去との決別登りつめたら桜満開、円熟の境地でしみじみ響く雄叫びハウス。それぞれのバイバイがあり、またそれぞれのまたねがある。

「Bye Bye またね」を終えての舞台裏、初めて歌うステージに立ったみずきは泣いて、最後のステージとなった舞波は泣かなかった。現行エッグ最後の公演にして最後の曲。どうか「またね」が言える一曲であるように。もう時間がない実感がない。なにかが終わりそうなとき、苦し紛れにつぶやくまたね。


新人公演2008 芝公園STEP!「Bye Bye またね」

また会いたい 元気な顔で【小川】
笑顔って勇気が出るから【森】
また会いたい 約束してね【前田(ゆ)】
笑顔でも涙顔 私です【福田】

平凡な私に優しくて【能登・仙石・北原・古峰】
鈍感な私を応援してくれる【田中・吉川・和田・関根】

以下【全員】
posted by sleeping mizuki at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事な公演の前の日


ゆうかりんにあやかってのすき家のチーズ牛丼も、あやかったほうがいいのかあやからないほうがいいのか、ともかくも体調を崩さないように卵をつけて栄養だけはしっかりとりたい。風邪をひいたらひいたで、どの風邪薬を飲むべきか迷っちゃうから。して、あやかると言えばあやかるにあやかれないこの人。

あやあやか
あやあやあやか
あやあやか
あやあやあやか
あやあやかわだ
posted by sleeping mizuki at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

ソロ曲で振り返る新人公演


横浜キ 前田(ゆ)(私のすごい方法) 
横浜キ 小川(駅前の大ハプニング)

赤坂H 前田(ゆ)(会えない長い日曜日)
赤坂H 小川(FIRST KISS)

芝公S 前田(ゆ)(100回のKISS)
芝公S 和田(十七の夏)

横浜J 小川(キラキラ冬のシャイニーG)

横浜H 森(トロピカ〜ル恋して〜る)
横浜H 和田(トロピカ〜ル恋して〜る)
横浜H 前田(ゆ)(トロピカ〜ル恋して〜る)
横浜H 吉川(通学ベクトル)
横浜H 小川(通学ベクトル)

中野S

横浜J

横浜F 佐保(蝉)

横浜G 佐保(ダイアリー)

横浜H

横浜S

横浜J
posted by sleeping mizuki at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュエット曲で振り返る新人公演


横浜会 前田(ゆ)・小川 (LOVE涙色) 

品川会 青木・西念(Thanks!) 

横浜キ 福田・吉川(デコボコセブンティーン) 

赤坂H 北原・吉川(アナタボシ) 
赤坂H 仙石・森(CRAZY ABOUT YOU) 
赤坂H 関根・福田(安心感) 

芝公S 古川・佐保(デート日和)
芝公S 森・福田(恋はひっぱりだこ)
芝公S 関根・吉川(ロマンティック浮かれモード)

横浜J 前田(い)・新井(わ〜MERRYピンX'mas!)
横浜J 古峰・関根(特等席)

横浜H 澤田・佐保(恋はひっぱりだこ)
横浜H 古峰・宮本(ズキュンLOVE)
横浜H 関根・福田(オシャレ!)

中野S

横浜J 福田・佐保(ラッキーチャチャチャ!)
横浜J 竹内・宮本(愛してる愛してる)

横浜F 森・竹内(絶対解ける問題 X=♥)

横浜G

横浜H 佐保・吉川(デコボコセブンティーン)
横浜H 宮本・田辺(Yeah!めっちゃホリディ )

横浜S

横浜J 竹内・勝田(絶対解ける問題 ×=♥)
横浜J 佐保・譜久村(Thanks!)
posted by sleeping mizuki at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まのでれら


雨女の晴れ舞台。あなたの目を見て悟ったの。実はみずきのファンだって悟られちゃったらどうしよう。おねむな声も実はステキな12時までのシンデレラ。そのまま寝る子はキュートだなあ。
posted by sleeping mizuki at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歌って踊れる岡井ちゃん!


これが完璧にこなせたらアイドルじゃなくなってしまうみたいで寂しい。だから岡井ちゃんはまだまだこれでいいのだと思う。
posted by sleeping mizuki at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡井ちゃんも白


まっさらブルージーンズ!ってあれ?この声は?はき古しっぽいブルージーンズなにげにひっかけて。わんころも絶妙な角度から見上げちゃいますよね。
posted by sleeping mizuki at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フクちゃん桃組に入りましたのお知らせ


ポケムー10/25付「今日はダレの日?」にて本人より直々に。

ファンコラ衣装であることから収録は夏、それもライブの後だと思われる。今や季節は秋から冬への途中。このタイムラグがもどかしい。その間、田中軍団の皆々様におかれましてはいろんなことがありました。桃子の小指は愛を感じるアンテナで、みずきの小指はなんのため?アンテナを立てなくてもいいくらい胸いっぱいの愛を惜しみなく。
posted by sleeping mizuki at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今キュマスって言いましたよね?


最後、また来ます!!

って言おうとしたら、


また、きゅます!!

っていってしまった。

「GREE 中島早貴公式ブログ」2010/11/20

キョトシといいこのキュマスといい、なかさきのカ行はまれに拗音化する傾向があるようだ。となれば当然一度くらいはこんなふうに呼び損ねてもいるだろう。ハチマキを結んでもらうとき、スッペで手を合わせるとき、ブクロデートに誘うとき、大声で叫べないフルネーム。空気に触れたら消えてく幻のように、厚い唇から溶け出す言葉は恥じらいの淀みを帯びて。


「きゅ…きゅまいちゃん!」
posted by sleeping mizuki at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

岡井ちゃん、読む!


今日買ったばかりの
本があります!
『好き好き超愛してる。』って本です
内容はまだ
わかりませんが
読み終わったら
また報告します

「℃-ute公式ブログ」2010/11/24(岡井千聖)

岡井ちゃんが舞城ってどうなの?おそらくタイトルで選んだんだろうけど、そのタイトルがさっそく間違っていてやっぱり岡井ちゃん。ケータイ小説とはちょっと違うと思うぞ。ってどっちも読んだことないのでわからんけどね。読み終わっての報告ははたしてあるのか?そしてこの本はいつ明日菜の元へと回ってくるのか?岡井ちゃんが最後まで読み通して報告をしてくれたら、自分も読んでみることにしよう。
posted by sleeping mizuki at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡井ちゃん、泊める!


岡井家は公界の地、現代の駆け込み寺、戦国期で言うところの楽市楽座に相当するので、敵味方の別がないのはよくあること。家のアジール性についてはにわかには判じえなかったが、そこに岡井家を当てはめるなら理解はたやすい。
posted by sleeping mizuki at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする