2010年12月31日

ゆく年に


みずきを好きだと言うことがすべての秩序に反するようで怖くてなにも言えません。メジャーデビューの顛末とその後に起こった騒動をぼんやり眺めているうちにいったいなにが幸せなのかますますわからなくなって、今でもそれはよく見失う。本当に幸せを願うならこの世界にいてほしくない気持ちもある。でもそうしたら会えないジレンマ。現実が業火に焼かれるごとくなら、ぬるま湯くらいに冷ましてあげたい。冷たい氷に閉ざされるなら、ぬるま湯くらいに温めたい。なにはなくとも御意のまま。

浮気なんてする気もないけど9期は茂木ちゃん。「群馬」の2文字が輝かしい。愛人はいないけど愛熊はいる。でしゃばりケロみかんにはもっと素直になってほしい。あとはみずきと同じようにただハロプロが好きなだけ。愛する人はあなただけ。

積もりに積もったこの年が押しやられそうな時の流れに棹さして外聞もなく今なら言える。譜久村聖が大好きだっ!できるのは来年も応援することそれだけです。
posted by sleeping mizuki at 23:49| Comment(7) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

握手会だよ!熊井ちゃん


「愛理のケータイ隠しちゃダメだよ」「本当は身長何メートル?」「でもつんくさんが180以上って」「スカイツリーとどっちが」「なかさきちゃんと今度いつデートするの?」「なかさきちゃんのことなんて呼んでるの?」「ていうかなかさきちゃんのこと好きなんでしょ?」「好きと好きと好きと好きと言いなさいこの場で!」聞きたいことはたくさんあるのにどれ一つとして無理そうなので、こういうときは短い言葉に集約させて情報ではなく思いを伝える。

「来年もエンジョイしてね!」

カーテンで仕切られたハロショの一隅に入ると、明らかに周りのヲタやスタッフよりも頭一つ飛び出していた。でかいはでかいが決して太くも厚くもない。心配になるくらい細かった。久しぶりに間近で接した熊井ちゃんは、冬眠中をひっぱり出されてきたのだろうか、すっかりやせて見えた。そして高い。やっぱり高い。ありえない首の仰角ゆえ足元を見る余裕もなかったけど、きっとヒールをはいていたに違いない。そう信じたい。

ちぎっては投げちぎっては投げのえげつない剥がしを予想していたらそうでもなさそうで、こちらの問いかけにゆっくり答えをいただくくらいの間はありそうだ。方針をあっさり変更、聞いてみた。

―来年の目標は?
「んーあー…」

口ごもる熊井ちゃん。まずい!このままだと確実に流されて終了の予感。期待していた返答を思わずこちらが口走ってしまった。

―エンジョイ?
「(うなずきながら)あ、エンジョイ!」

言わせた感があってごめんよ熊井ちゃん。不自然にかがませてしまってごめんよ熊井ちゃん。手冷たくてごめんよ熊井ちゃん。口頭で結んだ相互エンジョイ条約。可及的速やかに批准します!熊井ちゃんの手すなわち熊手。年の瀬のうれしい縁起物。熊手をだんだん大きくするみたいに熊井ちゃんもだんだん…。これ以上の現場納めはありません。来年もエンジョイ熊セルフ!あの神々しさたるや人の姿を借りた熊。

熊井ちゃん!熊井ちゃん!ぼくの現人熊!
posted by sleeping mizuki at 01:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

降らない冬の風物詩


桃子ラジオで白いTOKYO、雪はなくとも白いTOKYO、吐く息だけが白いTOKYO。自ら曲をかけるのと、ふいに聴こえてくるとではやはり趣きが違ってくる。
posted by sleeping mizuki at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

まさかの!


ぎゃふ!まさかのぎゃふ!実際受賞するのってタイミング。件の騒動がなかったとしてもスマはないと思っていた。それともむしろあったからこその危機的状況から来る知略謀略による授賞だろうか。あやちょのあんなに不安そうな顔は初めて。ペットは飼い主に似るといい、飼い主もまたペットに似る。所在なさげなその表情はまるでチーズのようだった。とらのすけはいつもの自由きままなあやちょであり、チーズは一生に何度あるかのめったに見せない、でも大切なあやちょである。意味も泣く涙とか出てきちゃう。

℃-uteの例を繙くまでもなくこれからがもっと大事。これからだぞ!これから!受賞のお祝いに焼肉とか絶対行くんじゃないぞ!道のりはなおも険しい。まだようやく準備が整い前田にすぎない。スマイレージの眼前に曲がりくねらない平坦な道があるとすれば、それは今いるこの高みから一直線に落ちてゆくマッスグロードに他ならない。道なき道を進むときだけさらに上へと登ってゆける。スマの前に道はない。スマの後ろに道は出来る。いずれエッグの通る道が。来年もずっと舌の根乾かないようにしなきゃね。
posted by sleeping mizuki at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

空の名前


子は親を選べないのと同様に、親の思ったようにも育たない。名付けるのが親の勝手なら、どう育つかは子の勝手。背負う名でどうか悲しいすれ違いだけのないように。良識は常に問われ続けるべきであるが、その良識は幸か不幸か時代によって移り変わる。いま良識とされないものがのちの世で幅を利かせるようになる。常識はいつの世も大勢にとって代わられるのだ。頭がほんの少し…生まれて来てよかった。


青蛙伝説

昔、一匹の蛙がいた。彼は不幸な息子で、母が東へ行けといえば彼は必ず西の方へ行き、山へ行ってあそべといえば海の方へ行ってあそんだ。母のいうことを一度だってきかなかった。

青蛙の母は臨終に際しその子をよんで「わたしが死んだら山には埋めないで、きっと川のあたりに埋めてくれ」と遺言した。その本意は山に埋められたかったのである。遺言ももちろん逆に行われるだろうと思ったからである。

親不孝の青蛙も親に亡くなられて見ると急に心細くなり、しみじみと日頃の不幸を悔い始めた。そして、せめて遺言なりと守らんものと、母の屍体を川のあたりまで運び、土を掘って涙と一緒にそれを埋めた。

それから青蛙は梅雨の季節になると、川の水が増して母の墓が流されはすまいかと心配してなくようになった。今の青蛙が梅雨の時悲しい声で鳴くのはその時から始まったのである。(1923年8月、大邸府、白基万君談)

孫晋泰「朝鮮の民話」(岩崎美術社、1966)より適宜改行
posted by sleeping mizuki at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高きに登るまでもなく



highandhigh.jpg


なかさきちゃんの新しいケータイを隠してやろうと思ったら、愛理のケータイと間違えてしまった熊井ちゃん。ベアークローが甘いよ熊井ちゃん。一緒に探してあげるふりして、くまくまする気だったな熊井ちゃんめ。
posted by sleeping mizuki at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

雪の降る足を


あらかじめ見たオリジナルの映像が思った以上にすごかったので、凌いでいるとは思わない。ただし色気のみなら互角かそれ以上。アカリとみずきのグレートな曲。

2階席から見下ろしたなら仙人よろしく地に落ちて、フロアを這いずり見上げれば吸い込まれそうなみずきのおみ足。ともに天をいただけるなら譜久戴天の心地です。乱れる吐息は譜久式呼吸。「大根足」は白くてみずみずしいことへのかつて美称であったらしい。みずきの大根をすりすりしてすりおろしたい。

揺れる太ももを波とするたとえがあるなら、みずきの足は雪原のよう。悲しみが雪のように積もるのは肩であったか、みずきの足にも雪が降る。悲しいといえば近づいて触れることの叶わないのがただ悲しい。白さでいえば平野さん。まるで人工雪のような驚きの白さ。人工雪が普通の雪より白いのかは知らないが、「人工」の響きが平野さん。

雪に幾多の別あれどみずきに降るのは春先の湿りを帯びたべた雪で。とけそうな雪がよく似合う。その雪を濡らしているのはいつもは汗でこの日は涙。無色透明、心まで透けるような涙の色香。雪崩れる尾根を雪中行軍。みずきの根雪をとかしたい。思い出だけがまとわりついてはなれない。SEXY SNOW の名の下にすっかりあなたの私です。

レスをもらった気がしたのに目を細めてにこっとするからいまひとつ確信が持てないまま。だんだん桃子に似てきやがったなフクちゃんめ。屹立とした二本の塔は煙に巻く水煙を備えて、「凍れる音楽」もかくやの横浜雪譜に今夜ありがとう。
posted by sleeping mizuki at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

LETS GET TOGETHER



berryz march.jpg


気取らない雑魚寝感がすばらしい。画像が多すぎて今さら振り返る気にもならないが、7人で写っているのは初めて見たような気がする。今もってはっきり言葉にできないベリーズらしさとは、曲でいうなら「ライバル」で、画像を一枚挙げるならこれ。

千奈美の更新が「寝るなう」だけでも、桃子が言い訳がましくても、梨沙子がまたラーメン食べてても、雅ちゃんが夜の蝶でも、まあさの映画まだ観に行ってなくても(これから行くよ!)、熊井ちゃんがエンジョイ過剰気味でも、しみハムのくせにかわいくなってても、この一枚にベリーズらしさがつまってる。なにがと言われてもわからずにとにかくつまっているように感じる。あとは心霊扱いでいいので舞波が写っていてくれれば。

まあさのセレンドにあるこの写真、むしろ舞波が撮っているということにしてみてはどうだろう。もちろんこれはマネさんかもしくはそれに類する人が、今どきは名前だってわかっちゃうあの人かもしれない人が撮ってるなんてわかってる。けれどそう思えばあるいは願えばその場に舞波がいるような、少なくとも舞波ヲタならそう思えてしまえるような良い写真だ。実際、本当に舞波がいたとしてもケータイ構えていそうだし。これという中心はなく、あえて言えばはぶら桃子のポジショニングがありし日の舞波を思わせて目に付く。サンタを信じる心持ちで見てみればこれは最高のクリスマスプレゼントです。

コンサ限定とか言ってるけどまだまだ続くんだろ!続くよね?続いてねえお願い!このままだんだんモレンドなんてセレンドをトレンドで終わらせない。だってまだなかさきちゃんからの私信が来てないじゃないか!
posted by sleeping mizuki at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

従姉妹おちこち


みやび

今日ゎ映画トロン見てきたょ3Dですっごぃ迫力だったぁめっちゃカッコィィのッみゃゎ映画が好きなんだケド最近のでォススメぁる教ぇて

「Miyabi's Room」2010/12/17 19:38

今日は…お母さんと
一緒に気になっていた映画を見てきたよ

今日公開の『トロン』
を見たの\(^ー^)/

「Reina's flavor」(藤江れいなオフィシャルブログ)2010-12-17 21:41:00

お母さん?本当にお母さん?こんな偶然があるだろうか。この映画が見たくて見たくてたまらなければ、ともに初日に行く偶然もあるにはあるかもしれないケド。雅ちゃんの写メは誰が撮ったの?フィクションに炙り出されるノンフィクション、映画って本当にいいものですね。
posted by sleeping mizuki at 00:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

思い出余って赤坂


今年もクリスマスなぞ近づいてきやがりました。なにかと辛い季節なのは寒さのせいだけではないようで。なにが辛いって森田さんの天気予報に出てるゆのちゃん(12さい)がますます舞波に似てきて辛い。面影というには似すぎのえくぼが辛い。間違えたときの「えー」が辛い。今日見たらサンタコスとかいっそう辛い。明日は見れないとかなお辛い。
posted by sleeping mizuki at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

manostorm


ストリームからストームへ。ツイートの嵐にリツイートのつぶてが返る。真野ちゃんのユースト実況お返事大会。さばききれないツイートは夜更け過ぎに雨へと変わり否応なしに降り注ぐだろう。
posted by sleeping mizuki at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

2.5杯目のカレー


みなさま、

私、ケータイ

新しいのを

買うことにしました(笑)

(中略)

そして、

月曜日に買おうと

おもってるので、

もう少し

お待ちくださいませ。


「℃-ute公式ブログ」2010/12/10(中島早貴)

どうせなかさきはこの隙に熊井ちゃんとエンジョイしまくる魂胆で、ケータイないのをいいことに報告しない気ありありで、「ウチがつくったカレー余ってるけど食べる?」って熊井ちゃんが誘おうものなら「余ってるんなら食べてもいいよ」なんてつれない態度とは裏腹にホイホイあとをついてって、おうちに到着したらなんとなくママが出てきて、ぺこっと頭下げ照れくさそうにしたりして、なんかシャイな振りをしたと思えばソッコーで上り込んだりして、熊井ちゃんが一生懸命カレールウの箱の裏を読みながら初体験としていろいろ入れた具のなかに星型のニンジンを見つけては「熊井ちゃんだけに具も大きい」と軽口をたたいたりしつつも「次の日カレーはおいしいねきゅふふ」なんて熊井ちゃんの一人カレー工房を堪能してはみたものの、せめてセレンドくらいは更新しなければとケータイ借りようとしたら「サボろう」なんて熊井ちゃん珍しいことを言うのね、ブログは無言が続くけどこのままのまんまでいいの?いずれにしてもおうちに帰れば手作りのカレーと初恋の匂いでサボったのきっとばれちゃうけど、やっぱりハートのニンジンもほしいから「おかわりケロ!」ってたらふく食べてさらに食後のスイーツは竹筒クルクル回して焼いたこれまた手作りのバームクーヘンで幸せに浸りきってるそんなときでもなかさきは明日の天気が心配で、熊井ちゃんはとなりでチラチラ顔見てる素敵な横顔を、なんて思い出がこれからできる予定の熊井ちゃんのカレー食いたいんだろ!



kumacurry.jpg
posted by sleeping mizuki at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ちょこっと空も飛べちゃって



angelnksk.jpg


★友理奈★

「俺、初めてみたよ…羽のついてない天使…」
posted by sleeping mizuki at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

okaichanretweet


・ちゃんと見れなかったのでこれは助かる
・まっさらぴんの制服なにげに着崩して
・お前が撮るのかよ!って言えばいいですか?
・虫は友達
・雨音が少しだけ岡井ちゃんをセンチに見せてくれる
・おかしいな…ありし日の辻ちゃんに見えるぞ
・岡井ちゃん一人相撲
・舞美はマメだなぁ
・AB℃の時代も嫌いじゃないよ
・乾杯の音頭をとる岡井ちゃん
・ある日森の中岡さんに
・海の家ときたら雄叫び
・まいまいはこまめにメール返したりしなさそう
・ついついタイムカプセルに気をとられてしまう

今度はこっちが寝ないとばいおつ
posted by sleeping mizuki at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

okaichantweet


・岡井ちゃん、重い!
・なんでこの子こんなに重たいの?
・岡井ちゃん、つぶやく!
・岡井ちゃんカタカタ
・岡井ちゃん可愛いですね(笑) もっとプリーズ 水着がんばれよ
・メイキング映像を見ながらツイートする岡井ちゃん
・斬新だ、斬新だが重い!
・やはり2画面が原因か
・アーザーカバーw
・当選で30名様にw
・ちょくひつサインをw
・梨華ちゃん懐かしい
・今年を振り返って漢字一文字で表すと「神」
・師走っていうのはもう終わりますってことですか?今年が
・みやびちゃんみやびちゃん
・雅ちゃんだと緊張してしゃべれなくなっちゃうので、じゃあまあさちゃんで
・なかさき「ちゃんと踊ってよ!」
・なかさき「間違ってんじゃん!」
・指で計算
・しかも合ってる
・生まれ変わったら男の子
・妹はもういるのでダメです
・今の状況みたいに明日菜がしっかりしてるみたいな
・生歌!
・笑ってごまかす
・これを15歳で自分のものにしていた松浦はやはりすごいな
・移籍するならBuono!に行きたい
・ベントラーベントラー
・あさって舞美ちゃんと話す予定
・パン投げると魚がバクンて
・ベリーズとかも行っちゃってるかんじですよねきっと?
・サンタさんにはここ3年くらいは洋服を頼んでます
・スキー好きです
・私まだサンタさん信じてますよ
・モ…恋ING
・ベ…夏リメ(雅ちゃんが歌ってたから)
・キ…ロリクリ
・マ…春の嵐
・ス…夢見る15歳
・じゃ、相棒見るんでばいちゃーこ!
posted by sleeping mizuki at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 【岡井家】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ひくゆりな



kumaaaaaaaaaaaa.jpg


「フレームに入んないからしゃがんで」と言われておどけるスジー熊の図。
posted by sleeping mizuki at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実際肉焼くだけなら誰でもできる


高校卒業のときに約束してた,卒業祝いで舞美と焼肉じゅ-じゅ-やっと行けて嬉しみずっ

「佐紀のサキサキ指数上昇中」2010/12/06 19:19

見ろこれが焼肉の正しい焼き方だ!
posted by sleeping mizuki at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバルは


ずらり並んだ11人が空で奏でるエアギター、そこから始まる「ライバル」のちょうど真ん中まなみずき。3月にはまだ端っこで豪快に靴をすっ飛ばしていたフクちゃんが今やエッグのセンターに。

出だしと「軽くね?」を担当していたことから梨沙子パートと思われる。今回パートが増えた分、全体的にダンスと汗は控えめになった印象があり、そうでなくてもまだ2曲目、前髪がはりつかないで目にかかる。不規則な振り子のように行きつ戻りつ振れる髪。裏声はかろうじて声は出ていてギリギリ及第。

みずきといえば、初期桃子にも通ずるような荒削りのダンス。さらにスポーツ好きなフィジカルの強さも加わって、倒れそうだった桃子に対してとても倒れそうにはなく、ダンスに限れば桃子以上に過剰ですらある。それが今、歌で勝負しようとしている。メジャーデビューしさえすればいいという進歩主義にはとうにないが、これを進歩と言わずしてなんと言えばいいのだろう。応援すればするほどにここから離れていくことがみずきにとっての進歩だと痛感せずにいられない。魅力の魅の字が書けなくて、「み力」と書いたみずきの力。

しかしまた歌えば歌うほどに、歌わずに全力でぶつかるダンスも見たい。そんな時のための映像媒体。なんのためのチャンネルかと。つべこべ言わずにさぁ早く!

スッペシャル ジェネレ〜ションを踊ってみた【譜久村聖(ハロプロエッグ)】

「未来は自分の手の中さ」と熊井ちゃんが歌うときその未来の手に余る大きさを思い、同じように桃子が歌うときその未来をつかみ取る手の堅実なることを願う。みずきの未来はその手にありや。見つめれど見つめれどなほわが暗し楽にならざりそっと手を遣る。あわてて追いかけても手を伸ばしてもみずきは遠くて届きはしません。また握手がしたいんです。

「ライバルは誰ですか?」以前に一度聞いたときには「誰でしょう?」ってはぐらかされた。もちろん光陰握手のごとし、考えている暇などないのだからこれが答えのすべてではない。勝手に挙げてしまうなら、先代のアミュレットハートゆうかりんでも、ラーメン大好き菅谷さんでもない。メジャーの二人は遠すぎて。ライバルは近くにありて競うもの、生意気盛りのタケ坊です。

こいつはなぜっていうくらい「絶対解ける問題」がカッコよかった。りなぷ〜をしっかりひっぱっていた。昨年の同曲、ノリメンときて「意外とできる」からさらにその先、タケが歌うなら期待しちゃっていいくらいにまで到達している。タケのカッコよさとみずきのカッコよさはおんなじものではないはずだから潰し合わずに伸びていける。そうしたら一度でいいから見てみたい、みずきと二人で歌うとこ。この曲はいつかお前が歌う唄。親友だからこそのライバルであれ。みずきには許されるならもう一度、ゆっくり答えを期待したい。「ライバルは誰ですか?」弱気で後ろ向きな私、以外で!
posted by sleeping mizuki at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で一頭ゆかいなくまちゃん



bokebear.jpg


く、熊井ちゃんがボケている!体を張ってボケている!これはツッコんであげないと。

「目ぇいくつあるんだよ!」

ダメだ…普通すぎる。「2つです」ってマジレスされちゃう。

「そのメガネ、目がねえ!」

ボケちゃダメだ!ボケちゃダメだ!どうしようこれじゃ熊井ちゃんが単なるボケットモンスターのまま…。こんな時なかさき、いやなかさきさんがいたならば、G.W.のお台場でしたように言葉の暴力でツッコんでくれるのに。でもそんな時、女の子には秘密の恋のボタンがあるのです。ポチッと押せばつぶやける。セレンドとセレンドと、突き合わせればあら不思議。一見造作のないつぶやきが実はあの子へメッセージ。そういうのがあるに違いない!熊井ちゃんがボケたのは12月4日の21:40。前後のつぶやきを拾ってみると、拾ってみると…あれ?拾えない。なんとなかさき、この日は昼を最後に翌日までセレンド更新なし。くそっ!個人ブログか?それとも℃-ute公式?そうか、これはスルーか。もう熊井ちゃんなんてほっとクマ!

ボケっぱなしでスヤスヤ眠った翌朝に出ましたくまくまコラボレーション!どっちが熊井ちゃんだっけ?とか言って見る(笑)そこは2頭ともメガネをかけておかないと。



doublekuma.jpg
posted by sleeping mizuki at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

スーパーサイズツリー



over2m.jpg


熊井ちゃん家のツリーが目測ながら2mを超えている。この家はすべてが一回り大きいのだろうか。マリオ3でいうところのワールド4。実はミントもああ見えて大型犬なのかもしれない。
posted by sleeping mizuki at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする