2012年05月22日

好きすぎてバカみたい


chotomatekudasai.jpg


「苦手な生き物はどうしようもなくなった生田。新垣里沙です」

オールナイトニッポンモバイル(2012/5/2配信)
posted by sleeping mizuki at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

せいいっぱい背伸びをしたら


doragakisan.jpg



みたと、新垣さん。

かったとよ。

えりなひとりで。

もう安心して帰れるっちゃろ、新垣さん。




※参考画像

dora6.jpg

posted by sleeping mizuki at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

愛分かつ


2012/5/18【モーニング娘。コンサートツアー2012春 ウルトラスマート 新垣里沙 光井愛佳卒業スペシャル】日本武道館

「ちょっと今のはウソだけどね」対話とは小さなウソを積み重ねること。取り返しがつかなくなったら成功です。武道館を手玉に取るのはさすがのさゆみん。会長が永遠の激単推しを誓えばくどぅーの目にも涙があふれる。まーちゃんのしっかりしすぎるほどのあいさつ。「自分を大切に」香音への贈る言葉に言外の重み。ガキさんとは一年ほど口も聞かない時期があり、リボーンで「和解」をしたと田中っち。しかしこれを和解といったらこれ以上の和解は望むべくもない。より正確には「妥協」というのが妥当だろう。おそらくは目も合わせなかった二人を見て9期はなにを感じたことか。もしも9期が完璧だったら今も氷のままかと思うとフクちゃんの眠り芸もなかなか捨てたもんじゃない。

愛佳の腰に手を回し、首を傾け体を預けるようにして大きく息を吐き出した。泣くより悲しい顔だった。でも悲しい顔がいちばんきれいかもしれない。なにか観念したような顔を前にも一度見たことがある。最後の新人公演、となりにいたのはモリサキだった。

スマイレージがデビューしてエッグのちょうど真ん中にいた。それから2年の長さと短さ。叱られるうちが華です。充実の10期に窮する9期。あるようでないような加入時期の差が今は9期にとって向かい風。叱ってくれた人がいない。みずきの不安は9期の不安。なんかわからん悲しさは不安のゆえであるように。誰かがいなくなることで成長するのを繰り返すなら9期には今をチャンスとしてほしい。

恋愛ハンターつんくバージョンにのせて本人が登場する予定調和。からの11期、スッピン歌姫オーディション。9期10期ときて新人公演でいうなら JUMP!もちろんそのあとまたHOP!から。9期だけではできなかったこと、10期がいてもまだできないこと。ここまでなにもないことが最大のサプライズ。締め切り前の絶妙なタイミング、6月の生タマゴShowが初夏の陽気のせいだけじゃなくにわかに熱を帯びてきた。つんくはわりとあっさり引っ込んでしまった。もう一度出てきてその場で10.5期の発表でもするかと思って待っていたのに。生ものの腐りやすくなる季節。これ以上逃さないのは追加と加入のタイミング。

ひよこから始まって最後は羽が生えていた。ガキさんの背に羽はなく、12のリボンで結ばれて自分の足で歩いてく。はからずもこれで5期の卒業をすべて見届けたことになる。前回の武道館で見たあれだけの黄色はどこへ行ったのだろう。そしてこれだけの黄緑はこれからどこへ行くのだろう。なんのことはないその繰り返し。別れ別れた同期の絆はいつでも気持ちが通じ合い、メールが届くか届かない距離。9期はどこへいくのかと行く末ばかりが気にかかる。新リーダーとつなぐ手に見えない未来を見てみたい。好きだな君が、いつまでも。
posted by sleeping mizuki at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

悲しみよこんにちは


2012/5/11【大人の麦茶第十九杯目公演『B・B〜bumpy buddy〜』】紀伊國屋サザンシアター

続きを読む
posted by sleeping mizuki at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 【ノーカテゴリ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

せきをしてもみずき


2012/5/8【モーニング娘。9期&10期「B.L.T.U-17 Vol.22」発売記念握手会】福家書店新宿サブナード店

行けなかった現場のことよりこれから行ける現場のことを。武道館行くからねって。なにか言おうとしてくれたのか背中をまるめた咳き込みずきとまるめたままで目が合った。

たった一言だけの握手。あっさりと、タケちゃんを割ったぐらいにあっさりと。何度何回現場に行ってもすべてが終わって残るのはこんな握手の一風景かもしれなくて。だからこの一回を、握った手を目を優しさを、握ったあとの寂しさを、あっさり忘れるわけにはいかない。
posted by sleeping mizuki at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【譜久村聖】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする