2013年06月07日

公開実力私的診断


M5 その場面でビビっちゃいけないじゃん!!(モーニング娘。曲) 吉橋くるみ

トップバッター、だから選んだ?その場面でビビってないじゃん!!緊張をくるみんスマイルに隠して。


M6 私、ちょいとカワイイ裏番長(スマイレージ曲) 佐々木莉佳子

お披露目ですでにまことさんから指摘されていたようにくどぅーにも似たハスキーボイス。顔立ちも似てなくもなく、ポテンシャルを感じさせるところはそっくりだ。声と曲とが合っていた。震災にまつわる朗読劇「イキヌクキセキ」は重いテーマだからこそそれを乗り越えるべく脚本は軽かった。りかこだったらそうはいかない。でも見たい。とりあえずデビュー前に一回くらいはピ〜ス!のセリフをやってほしい。


M7 ありがとう!おともだち。(Berryz工房曲) 浜浦彩乃

ベリコンのバックダンサーだけじゃない。ちょっと一曲聴いてください!ももちにかわいがられ発表会ではベリ曲を披露。みんなみずきちゃんのやりたかったこと。選曲の理由を聞かれたはまちゃんは「おともだちを想う曲だと思って」と。歌にはいつも情景がある。はまちゃんの想うおともだちとは誰なんだろう。おとももちより大切な?「歌の表情、流れ、そういう理屈を越える何かを持っているのが浜浦」とつんくさんは言うけれど、それがアイドルだと思っています。


M8 会いたいロンリークリスマス(℃-ute曲) 田口夏実

昨年3月の「夢見る15歳」ですでに片鱗をのぞかせていたように明るい曲よりは哀愁を帯びたメロディが似合う。ここがはまたぐの好対照なところ。もちろん明るい曲が似合わないわけではないけれど、6月の生タマゴにて4人で挑む「ぁまのじゃく」がよりいっそう聴き逃せない。そしてブログ開設とともに正体(次はたぐっちの寝起きをお願いします)を見せ始めた高木さゆべぇによるこのエピソードも見逃せない。

さゆき、たぐちが歌ってるとき舞台袖で見守ってたんですけど、
歌い終わってハケてきたら、さゆきの顔見て安心したみたいで泣き出しちゃったんです。

『緊張したの?』って聞いたら『はい』って言ってました(*´艸`)

「Juice=Juice オフィシャルブログ」(2013/5/9)高木紗友希


M9 有頂天LOVE(スマイレージ曲) 和田桜子

しゃっくらこ!しゃっくらこ!ぼくのチェリーガール!みつばち先生より「フニャフニャしてニヤニヤしていつも私に怒られる」と貴重な情報あり。ハイタッチ会でもまったくその通りな反応があって納得。歌は聴かなくてもわかる!ダンスも見なくてもわかる!でも桜子のフニャフニャは見ないとわからないんだよ!しゃっくらこ!しゃっくらこ!ぼくのフニャ子フニャ夫!理屈を越える何か!


M10 夢見る15歳(スマイレージ曲) 野村みな美

「他の事務所だったら落ちると思うけどそういう子がいるのがハロプロ」とつんくさんはのたまうけれどそれはみなみなだけじゃないはずだ(もぎぃ…)。逆にどこでも受かりそうな人はすぐやめちゃったり(ゆうかりん元気かなぁ…)。だいたい他なら落ちるとか受けてみないとわからないだろ!クラスで「芸能人になりそうな人No.1」に選ばれたみなみななんだから。前へ前へと出ないのが今はみなみならしい(むぅん…)。


M11 好きな先輩(モーニング娘。曲) 小数賀芙由香

好きな先輩はスマイレージの和田彩花さん。さすがまことさん、聞きたいことを聞いてくれる。発表会のレッスンではちっちゃい子に囲まれてお姉さんしているようだ。ちなみにジャンケンポンでふ〜ちゃんが出したのはチョキ。


M12 笑って!YOU(モーニング娘。曲) 岸本ゆめの

つんくさんより16ビートが刻めていないとのご指摘。「リズムがあれば踊り出せる」という歌詞もあるように、リズムさえあればデビューに何の不足もない。まことさんがお風呂のドアネタに食いついている。直して!YOU


M13 キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜(℃-ute曲) 田辺奈菜美

「自然だった」とつんくさん。今までを思えば不自然なくらいです。「生まれて来てよかった」という言葉は、生まれて来た子どもの言葉であると同じく、産み育てた親の言葉でもあるところにこの曲の味わい深さがある。ななみんが生まれて来てよかった!!!本当によかった。ここまで来たらもうデビュー以外に望むものはない。突き飛ばすくらいに背中を押してあげたい。16ビートであくびして16ビートでコケるときまで。「きしもんもたなぴょんもステージの上と下でのオンオフの切り替えがすごい」とはまことさん。ステージの上でもオンオフ切り替えていたななみんはもういないのでしょうか。


M14 ザ☆ピース!(モーニング娘。曲) 牧野真莉愛

へ〜日ハムの応援歌以外にも歌えるんだ〜という率直な印象から一歩踏み込んで力強いザ☆ピ〜ス!。つんくさんの言葉では「歌にたまりがあって演歌的」というらしい。将来ハロプロでデビューするとして、このハムヲタに楽天のユニフォームを着せるのは果たして正しいことなのだろうか?いや、ない!小笠原村には夢がある〜♪毎日サバイバル〜♪


M15 抱いてよ!PLEASE GO ON(後藤真希曲) 金子りえ

いくよ!もっと!の煽りあり。あのかわいい声を封印してまで、りっちゃんは自分を変えるためにこの曲を選んだという。「きしもんの黒もいいけど色白もトクやなぁ」と歌とは関係ないつんくさんの評価にりっちゃんのリアル「やった!」のかわいい声。「リズムがピシッといくような人生を歩んでほしい」となぜりっちゃんだけ人生論?


M16 本気ボンバー!(Berryz工房曲) 加賀楓

ご存知譜久村フクちゃんが9期オーデで歌って落ちた曲。11期落選のかえでぃーは奇しくもいま同じ中2で同じ曲を選んだ。つんくさんからはダンスで好評価を受けるも、歌だってあのときのみずきちゃんより上手い。いつまでヒザの絆創膏があるのかが気になる。あと剣道の公開実力診断もやってほしい。かえでぃーはタマゴの殻を竹刀で割るのだから。


M17 First Kiss(あぁ!曲) 室田瑞希 

この曲を普通に歌えるということは下手どころか上手いと言ってもいいのだがつんくさんはもっと高みを見ているようだ。鈴木愛理と松浦亜弥の名を出してきた。研修生に求められるレベルとしては間違いなく高すぎる。髪型や服装にさらなる配慮をも要求された。おそらくはこの曲に、あのおだんごが似つかわしくないということだろう。さすが自己演出を極めたつんくさんだけあってヘアスタイルについては厳しい。上方だけに。


M18 寒いね。(スマイレージ曲) 一岡伶奈

「いちばんお気に入りのワンピース」というあのワンピース。どこであんなの着るんだろうと考えれば、やはりここしかないのであった。「歌の音符が若干長い。さとう珠緒的な」というつんくさんの例えはまったくわかりませんが、舞台デビューとなった「さくらの花束」でなかさき演じるかのこを舞台狭しと追い詰めるいっちゃんの凛々しさは今も脳裏を離れません。みつばち先生のコメントによるとダンスはちょっと苦手のもよう。


M19 この街(℃-ute曲) 山岸理子

あの街、この街、りこりこの街。今回唯一の曲中セリフあり。歌は苦手と言ってたわりには雰囲気があり、つんくさんに「街の情景が見えた」と言わしめた。リズムがつっこむと言われる人が多い中で、つっこんでないとも言われた。どちらかと言えば遅れ気味なイメージですからね。これからも、らしさを求めて。わださくヲタとして、れなこヲタとして、自信を持ってりこりこに一票です!


M20 ふるさと(モーニング娘。曲) 小川麗奈

選曲の理由については診断の場では語られていなかったと思う。地元栃木への、あるいは母への思いがあるのだろうか。右手で抑えた胸のうちをできればいつか聞いてみたい。匂うギョウザを一緒に食べたいアイドルNo.1。レモン牛乳を一緒に飲みたいアイドルNo.1。誰にも知られたくないアイドルNo.1。その願いは叶わないアイドルNo.1。この「ふるさと」がモーニング娘。にとってそうであったように、れなこにとってのブレイク前夜となりますように。白ワンピに白シューズ。「おっとりした曲なので白にした」というその白さをいつまでも忘れないでいてほしい。白い色はおっとりの色。


Juice=Juiceをはさんで最後に「JUMP」と「友情純情」。この2曲が続くのがどんなにつらいか知っている。そのつらさにあって光るものこそ真実のメッセージたりえよう。なかでもここは熱かった。

負けなんて認めない【田辺】
私が決めるから【宮本】
最後は絶対笑ってやる【金子】

嫌がうえにも力むサビ前。勝ちを決めるのは投票者である他者だとしても、負けを決めるのは自分自身なのかもしれない。ならばななみん以外の研修生も決してまだ負けたわけではない。一歩先んじた立場からあみだくじで運命を左右したのはカリン。最後に笑うのは最近笑顔が得意になってきたりっちゃん。

Juice=JuiceがカリンにとってのJUMPなら、最多得票はななみんにとってのJUMP。りっちゃんにもその跳躍を。とりわけホップステップを繰り返していたエッグ組には。ここ中野サンプラザで名前を呼ばれてひな壇から降りてくる光景が9期サプライズと重なった。しかし今さら研修生から選ばれるのはサプライズでもなんでもない。だからサプライズはいらない。あえて昇格とは言わない。まずはななみんがななみんらしくいられるのであれば。
posted by sleeping mizuki at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック