2013年06月09日

裏浜松町(ウラハマ)あたりで出会った子


低音で始まる「オシャレ!」は化粧で装う曲中の子のようだった。昼のキャンパスライフをいつものななみんとするなら、いつものななみんではないような。

表面的な関係を望みながらもそれとは矛盾する思い。隠すこと、偽ること、隠していることを隠すこと、あるいは隠さないこと。たとえばマスクは素顔を隠すためにより広く利用されているのだろう。隠していることを隠していないが、その目的を誤認させているわけだ。ここで言うオシャレ!とは?原宿ではなく裏原なのは?洋服が小さくなること。成長、仮面を取り替えなければならないこと。この曲をもっと深く考えてみようと思った。あややの歌に聞き惚れるあまりそこまで考えようとはしなかった。あややは巧さゆえに歌詞を崩すところがあるから、同じ曲であってもななみんにしか伝えられない言葉がある。

本名田邉奈菜美。芸名田辺奈菜美。公式ニックネームたなぴょん。通称ななみん。これだけ知っていても所詮はあだ名しか知らない関係。親しい友人や家族になんと呼ばれているかも知らない。ほんのちょっと寂しい関係。それでも届かない愛情を込めて「ななみん」と呼び続けたい。

歌うにつれて隠し切れないななみんボイスが。どんどん増える研修生と、デビューに王手をかけたななみんと。ソロになるとは限らないけど、詞の一節がななみんの本音に聞こえてくるのは、これをもう自分の曲としている証。

本音は仲間が増えるほどに
一人が怖くなる

近ごろの発表会は最近の曲ばかりなのが不満です。「最近」の範囲が広がってきたせいかもしれません。歌ってみたいハロプロの曲に挙げた「100回のKISS」を今回のソロをきっかけとして見つけたのなら(ゆうかりんの曲じゃないんだよ)、ななみんはチャリーンどころでない莫大な財産を手にしたことになる。聴いてみたいハロプロの曲は、田辺奈菜美で「100回のKISS」。もちろんハロプロメンバーとして。
posted by sleeping mizuki at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ハロプロエッグ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック