2010年05月03日

自説自演


私はシンデレラの生まれ変わりなんですが、こないだ「アリス・イン・ワンダーランド」を観たらカナシイキモチになったのでアリスの生まれ変わりという説も出ています

―福田花音(スマイレージ)

2010/5/3「ハロ☆フェス in お台場グルメPARK」

どこで?
posted by sleeping mizuki at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なくて難癖


私はシンデレラの生まれ変わりなので、頭の上のティアラもよりいっそう輝いています
―福田花音(スマイレージ)

2010/5/2「ハロ☆フェス in お台場グルメPARK」

なにもない頭に手をやりながら。これが特技のエアー○○。ないものをあると言う。人は「何ができるか」で評価され、アイドルは「何ができないか」で注目される。あるものとないものを結びつける方便としてのエアーを花音は駆使しているのだ。「いま冬かと思った」という発言もまた同様の効果をもたらし、とても冬とは思えない会場を言葉通りに冬にしていた。シンデレラの国の外では「豪快に滑る」とも言う。

見えるか見えないかではなく、言うか言わないか、それが問題ですね。熊井ちゃんのティアラもエアーになっちゃったとか言うに言えないよね。
posted by sleeping mizuki at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

まだやで


道重さんからのおたおめメールに「腹黒一同」とあったことについて。

わたしまだ腹黒じゃないですよ

―真野恵里菜


2010/4/11「マノソナタ 〜ハッピーナインティーン on TV〜」(3回目)

まだ…
posted by sleeping mizuki at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

でっかく OH YEAH!


遠くに行くんじゃありません!大きくなるんです!

―真野恵里菜

2010/4/3 渋谷C.C.Lemonホール

昼公演終了後の握手会で、海外進出について「遠くに行っちゃうみたいだよ」と言われたことを受けて、夜公演にて。
posted by sleeping mizuki at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

思い出す春の日


涙がこぼれ落ちなきゃ泣いたって言わないんで!

―真野恵里菜

2010/2/27 お台場ヴィーナスフォート

ゴールドディスク大賞ザ・ベスト5ニュー・アーティスト賞受賞の報告後、一斉のえりなコールを受けて目に雨をためながら。
posted by sleeping mizuki at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

さよならにさよなら


嗣永「以上、ニュース番組ごっこでしたぁ」

Hello! Project DVD MAGAZINE Vol.21

いつか桃子がこの世界を去るときが来るのなら、あくまでもこんなふうに軽いノリでアイドルごっこは終わりだと言ってほしい。そのほうがヲタも怨霊にまではならないと思うのだ。人生にくじけてる人が一人残らずいなくなったら桃子もいなくなってしまいそうな気がするから、明日もしっかりくじけよう。そんなときが来ないのならそれでいいけど。
posted by sleeping mizuki at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

しったか熊


正解を聞いて…

熊井「知ってる知ってる」

司会「熊井さんそれ違ってますよ」

熊井「違うって知ってます」

2009/9/11「School Days リリースイベント」
posted by sleeping mizuki at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

地下他界より


「こみねももか」の「ね」

「ねっこのそこからみなさんに会うのを楽しみにしていました」

金子「ねっこのそこってなんですか?」

古峰「ねっこのそこからみなさんに会いたかったということです」

2009/7/24「ハロプロエッグ デリバリーステーション in 夏Sacas」

そちらはどちら?根の堅州国ですか。
posted by sleeping mizuki at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

本当と本当らしさ


リアルすぎるからやめよう。笑

小川紗季(ハロプロエッグ・S/mileage)

たとえば「はじめての経験しそうな夏」という歌詞が「夏」ではなく「夜」だったとしたら、自ずとその意味するところは限定されて、生々しさを帯びてくる。

どんなに近づいて友達のようになれたとしても、それは友達「のように」であって友達ではない。逆に本当に友達になってしまったらそれはもうアイドルとヲタじゃない。だから友達にはならずに友達のようになりたい。もしくは嫁にしたい。

リアルという言葉は「本当」のほかに、「本当のような」という意味で使われることもあると思う。そのときはやっぱり「本当」と「のような」では指すところが近いようでいてまったく同じではないのだ。

リアルすぎてはいけない。親しみのなかにもどこかリアルではない、偶像としての実体のなさ、手ごたえのなさ。他と比べてみるとハロプロにはそれが当てはまると感じることがある。その点、AKBは近いしリアル。もちろんどちらが優れていると決めつけるものではなく、セとパのようにそれぞれのやり方で並存して、ときどき交流戦とかやってほしい。実力があるからといって人気もあるとは限らないし、人気に実力が追いついていないこともある。人気と実力が両方あってもダメかもしれない。またれいにゃんに会いに行きたい。

サキチィーの言葉は「リアル」に潜む微妙なニュアンスの違いを伝えてくれる。がぶろぐタイトルにあるメロンのイラストだって、あんなにぐんにゃりしてたら傷んでるんじゃないの?なんて言うのはリアルすぎるからやめよう。空港にメロンの粕漬けってのがあったけどリアルすぎるからやめたよ。

出典「かのんのいちごのツブログ」2009/6/22


posted by sleeping mizuki at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 【かく語りき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする