2013年08月03日

暦の上では20年


「四捨五入するとハタチ」とか言ってた熊井ちゃんがまさかの本当にハタチ。小学生のときは女子大生みたいと言われていた熊井ちゃん。女子大生になっても頭の中はしょうが…くまくまだね。

世界のどこかで戦争が起きていても熊井ちゃんの周りだけは平和であってほしい。現に今、熊井ちゃんのことを考えている自分の周りは平和です。21世紀アジア泰平の願いを込めてパックス・クマーナ。この20年、失われてない!
posted by sleeping mizuki at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

My Happy song Day Comes!


2012/6/23「中島早貴のキュートな時間」(ゲスト:熊井友理奈)

・ついにくまさきラジオが!
・ここから始まるんだ!
・Berryz工房のスカイツリーって誰が考えたんだ?
・本人のいる横でスカイツリーとか
・自分ではスカイツリーと言わない熊井ちゃん
・熊井ちゃんはホントにマイペースなんです(笑)
・その場でなに言おうか、一歩前へ出ると頭真っ白になるの
・熊井「お休みの日は家にいるともったいない」
・でも川でバーベキュー(with 岡井家)とかじゃないでしょ?
・あーそういうのじゃない
・そもそもが優柔不断でしょ?
・優柔不断は直さないの?
・熊井ちゃんは基本おっとりしてる子ですね
・昔のなかさきちゃんですね
・「超 HAPPY SONG」は聴くだけでハッピーになれますね
・お、いいよ!まとめたよ!
・中島「それでは聴いてください。ベリキューで」
・くまさき「超 HAPPY SONG!」

・なかさきちゃんプロファイリング
・なっきぃは、まず第一印象は、なんか今とすごいギャップがある感じでした
・同い年だけどもっと下かと思った
・舞ちゃんの1コ上かなと思った
・今はオシャレな感じ?Tシャツとジーンズをさらっと着こなす感じ
・なっきぃはいい意味でサバサバしてるなっていうか、キビキビしてる。あとペラペラしゃべる
・熊井ちゃんはね、ホントに優柔不断なの
・なっきぃ決めてっていつも言うもんね
・ダンスがすごいしなやかなところ
・(ベリキューコンサートのリハーサルでは)なっきぃを見てたよ
・ひゅーひゅー
・直してほしいところとかバンバン言っちゃってよ!
・けっこうペラペラスピード速いじゃん。たまについていけないときがある
・今日は熊井ちゃんに合わせてゆっくりしゃべります
・熊井ちゃんが好きな℃-uteの曲は「大きな愛でもてなして」
・昔から知ってるし、かわいらしいし間奏のフリも曲も好き
・一度目の7人時代ですね
・懐かしすぎて泣きそうよ
・ここまでおよよなし

・ファンの方にも有名なotzさん
・女子力UP大作戦
・自分の気持ちを素直に表現できる人
・熊井ちゃんそのものじゃないか
・ウチのリーダー二十歳になってからネジが1個とれちゃって(笑)
・舞美?
・なかくま、がんばりたいと思います!
・それではエンディングのお時間でーす!
・ええええええー!今聴いたばっかりー!
・とっくまラジオ!
・お相手は℃-uteの中島早貴と
・Berryz工房の熊井友理奈でしたー!
・お休みなさい、ご主人様。ちゅっ!
・結局およよなし
・ぞうさんのティッシュケースもなし
・その他接点なし
・くまくまワールド本領発揮には至らず
・次のデートはいつ?
・とっくまラジオにゲストで呼んで!
posted by sleeping mizuki at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

イジメ、ダメ、ゼッタイ


【中島】なんか去年の活動で、一緒にベリキューとして活動してる時に、「戦国自衛隊」という舞台を一緒にやらしてもらった時に、雅ちゃん、夏焼雅ちゃんってけっこう楽屋でペチャクチャしゃべってるじゃん?しかもなんか、ノリっていうか、熊井ちゃんがしゃべってんのに聞こえないフリしたりとか

【須藤】熊井ちゃんいじりみたいな(笑)

【中島】そうそうそう(笑)そういうの始めた時にまあさちゃんがもう絶対一番にノッてくから

【須藤】ああ〜(笑)

【中島】なんか面白いなぁと思った。熊井ちゃんいじりはいつもあんなかんじなの?ベリーズの楽屋って

【須藤】そうだね、みんなでもう6人で、熊井ちゃんワールドみたいなのがあるのね、くまくまワールドっていうのが。熊井ちゃんたまにボーッとしてて、急になんかなにしゃべり出すかわかんない時があるから、みんなそしたら「無視しよ無視しよ」みたいになって(笑)6人で熊井ちゃんを無視するみたいで熊井ちゃんが「おーい!」とか言い始めるんだけど(笑)

【中島】すごいオープンないじめみたいなんだよね

【須藤】そうなの

【中島】フレンドリーなね

【須藤】うん

2012/6/9「中島早貴のキュートな時間」


ハロプロの One・Two・Tree こと熊井ちゃんが!一人摩天楼ショーこと熊井ちゃんが!まあさまで一緒になってひどい!熊井ちゃんをいじめていいのはベリ全員。長い時間をかけた末の対処法は死んだフリならぬいないフリ。次週シャレ番を迎えたのちは、ついに二人のまみえるときが。熊井ちゃんには誰もが疑問に感じているあれにきっぱり突っ込んでほしい。「およよってなに?」くまくまワールドいっちゃって!
posted by sleeping mizuki at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

目を閉じてても愛を語って


uekarayurina.jpg

上から見下ろすくまちゃん目線。できる限りのヒールの分だけいつもの距離より近くって。見つめられるとくまっちゃう。
posted by sleeping mizuki at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

手を握って懐かしい


熊井ちゃんがキッズのころに一緒にいたのは「卒業しちゃった子」なんだって。やめた人ならすぐに思い浮かぶのが数人。ここは舞波ヲタとして聞くしかない。少し前まで口に出すのもはばかった。でもなんかもういいかなって。10年一緒にやってきて昔を振り返るこんな機会にノスタルジックにさせたって。思い出を引きずってるわけじゃない。ちゃんと両手で大事に抱えて今日まで運んできたのです。

―「卒業しちゃったのって舞波?」
熊「ん?」
―「めぐ?」
熊「うん、めぐめぐ!」

もしも「はい」だけだったら、通じているのか想像に頼るしかなかった。熊井ちゃんの口から「めぐ」って聞けてよかったよ。本当はたぶん名前を出しちゃいけないんだよね。誘導しちゃったみたいだね。でも今日だけは許してにゃ…ほしい。10年という歴史の長さと重みに免じて。厳密に言えば卒業ではないのだけど、所詮それとてヲタの屁理屈。めぐは卒業したということで誰が困るというのでしょう。めくるめくめぐるめぐの季節。ほんとうにほんとうにまた会うことがあるかもしれない。こっそり会って遊ぶのではなく今日みたいにステージで。くまさきだけのイベントだってこんなふうに叶ったのだから、それこそ熊井ちゃんが言っていたように、いつかどこかで。

フランスにエッフェル塔があるなら日本には熊井ちゃんがいる。タイムカプセルを開けたような甘酸っぱい春の予感がした3秒。最終的に舞波にお知らせする約束は熊井ちゃんが忘れても自分はずっと忘れません。
posted by sleeping mizuki at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手を握って聞いてみた


―「熊井ちゃんとケンカしたことある?」
中「(大きな瞳を見開いて)ないないないっ!」

大事なことなので3回言いました!くまさきは仲良しです!ただ絡みがあんまりなかっただけです!あんまりというか絶望的に。ケンカしたことあるならあるでケンカするほど仲がいいって言うんですけどね。しかしそのあまりに必死な否定ぶりには、どうしてもこんなニュアンスが潜んでいると感じずにはいられなかった。

中「ないないないっ!(そんなめんどくさいこと)」
posted by sleeping mizuki at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なかさきとくまゆりのエンジョイバレンタインイブ


kumasakiboard.BMP


会場入って置いてある二人の手になるウエルカムボードのさっき書いた感がたまりませんね。

「なかさきと?くまゆりです(はぁと)笑」

うひょー!です。うまく言葉にできません。なかさきが気を使って「なかさき」と書いてくれています。衣装はグッズのピンクT。まあそうですよね。買えってことですよね。

「いえーい!なっきぃ!ついにこの日が来たよ!」

これは自分の心の叫びではなく、熊井ちゃんが言ったのです。なかさきちゃんを引き連れて下手から出てくるなりに。今日ほど熊井ちゃんと同じ気持ちになったことはありません。

中「今日は熊井ちゃん仕切りなんですよ。くまくまトークに任せるということで」

さっそく丸投げのなかさきちゃん。

熊「昔話をしたいと思うんですけど…ウチらの歴史を!」

そんな時代もあったねといつか話せる日が来たわ。歴史などないと言いたげに沈黙するなかさきちゃん。関係ないけど「ボクらの歴史」という曲があって、いい曲です。まるで二人のためのような。今はなにを聴いてもそう聴こえます。

中「今までの流れからしてー、そういう話するなと思ったんだけどー、幼稚園ぐらいのときはー、ざっくり記憶があるんだけどー、キッズ入ったときってあんま覚えてないんだよねー」

「覚えていない」を強調するなかさき。しかし持久走などなど各種の映像によって証拠は残っているのだ。

中「同じ年だとよく一緒にいるけどー、愛理と梨沙子みたいにー。でもウチらいつも一緒にいたわけじゃないじゃん?」

中「私あんまりしゃべらなかったからー」
熊「私も人見知りで」
中「誰と一緒にいた?」
熊「コロコロ変わった(笑)」
熊「あとは、んー…卒業しちゃった子とか」

この距離感たるや卒業しちゃった子を持ち出すほどの接点のなさ。そこへ仕切りの熊井ちゃん、まるでこのブログを読んでいたかのように話題を振ってくれたのだ。テレパシーってあるんだと信じてみるよ。共通の話題といったら同い年の他には本当にこれしかなかったのかもしれない。

熊「そういえばさ、ぞうさんのティッシュケースあったじゃん。あれ覚えてる?一緒に買い物行ったとき一目惚れして買ったの。ぞうさんの体からティッシュが出てくるの」

「やべ」とばかりに口を手で押さえてなんともばつが悪そうななかさきちゃん。おそるおそるに探りを入れて聞いてみます。

中「使ってる?今」
熊「使ってるよ」
中「あ、ホント?」

どうやら使っていないなかさきちゃん。予想通りの展開すぎる。かわいそうなのは今も大切にぞうさんのティッシュケースを使っている熊井ちゃん。なっきぃはとっくに使っていないと知ってしまった熊井ちゃん。

中「けっこう前だよね。高校一年とか…」

2年前なんてつい最近なのですがそれは世代の違い。自分も同じ年のころには2年前をはるか昔に感じたものです。ただこの場合、時間がすぎたことはぞうさんを使っていないことの言い訳にはなりません。

中「あー、うん…また使う!」

もう存在してないものをどうやって使うのでしょうか?もう一度おそろいを買いに一緒にお出かけするべきです。

熊「こんなかんじでさっさといきたいと思いまーす!」

やはりのガー4、まずは「PARTY TIME」。「ユメみたい」「ユメみてる」のはまさに今ここ!先ごろJKアピールのあったなかさきちゃんの「School Days」。「月曜日はみんなに会えるから好き」がハマりすぎてて会えたよ短い月曜日。「いつかどこかで。」は2年前の2月14日にイベントがあったときにみんなで歌った思い出があると熊井ちゃん。それよりも前にアネックスのイベントがあってこの曲を歌いたかったのにまだみんなで歌ってないからワンハーフまでと制限が付いたという思い出も。パート割りは「中→熊→中→熊」。

3曲終わってこのあとはくまくまトークに戻るのかとみんな思っていたんです。トークじゃ間が持たないと踏んだのか終わってみれば怒涛の6曲。中「他の組は3曲なんですが私たち調子に乗っちゃって。歌詞がヤバいんです。さっきも楽屋で覚えてたんですけど、こっから歌詞ヤバいです」。熊井ちゃんに任せると言いながらのトーク封じ、なかさきちゃんさすがです。

意表を突かれた「タイムカプセル」。この二人で聴けるとは。今度は熊井ちゃんから「熊→中→熊→中」。指を差すフリがあるでしょ?(あるんです!)あれを二人でやるんです。曲中、上手と下手に別れてしまうのがさみしかった。せっかく二人で歌うのだから他には誰もいないようにステージの真ん中で見つめ合ってほしかった。だから「ノート破いて書いたメモ」で視線を合わせながら近づいていくのはお互いが惹かれあっているみたいで見とれた。そのあと二人は真ん中で一緒に歌っていた。いろんなことを思い出してはいろんなことを忘れるような変な気持ち。古い曲にこそ新しいものがある、そんなことを思いました。

ガーディアンズ4を歌えたことがうれしいと二人。また集まって歌いたいねと。でも大人の事情で難しいとも。中「みなさんえーって言ってるけどわかるでしょ?」そんなのわかる大人になんかなりたくない!出口を失いかけていたトーク。突破口を開いたのは熊井ちゃんの一言だった。「また予定があったらね、いつかどこかで!」なんとくまくまトークにオチがついたのだ!「つながった!」と熊井ちゃんも自分でびっくり。やっぱり偶然だったみたい。

歌詞に「二人」が出てくればそこの二人に置き換えて。「それではみなさん立っ…お立ち上がりください!」「愛のスケスケ指数じょうじょうちゅ…」文字にしちゃうと伝わりにくくて歯がゆいながらこれがくまくまワールドですね。くまくま指数もカンストです。そして二人で選んだセットリストのラストが「お願い魅惑のターゲット」だったことは深く心に刻んでおきたい。2月13日、これが記念日。気分はさぁ恋人になろう。10年の時を経てなお、これから始まる二人が見えた。
posted by sleeping mizuki at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

明日はイベントなのに、


ねぇいつだってのんびりしたいのよ。遅い正月休みかなかさきはこの2日間千葉まで行ってヒレを伸ばしてきたようだ。熊井ちゃんとのイベントを明日に控えて余裕じゃないか中さきめ。銚子へ日の出を見に行ったとかこんな近くにぐさんしゃいんがいるのも知らず。顔を見ると言いたいこと半分イカになる魚介。スキちゃんを「さきちゃん」と「くまちゃん」で、もしくは安心感をキュフフで歌うのが楽しみすぎてとにもかくにも明日まで会えない現実。かわいそうなのはなかさきちゃんを思って今ごろくまくま友チョコを作っている熊井ちゃん。新鮮なイチゴのおみやげがなかさきからの友チョコ代わりとも知らず。
posted by sleeping mizuki at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

思い出作りに参加してくれる熊


アイドルイベにはありがちな開演前のアンケート。もしもあったらこんなことを書きたいな。

熊井ちゃん!なっきぃちゃん!二人だけのイベントおめでとうございます。首を長くしてこの日を待っていました。ずいぶん昔のことですが、ハロプロスポーツフェスティバルがあったとき、熊井ちゃんがなっきぃにハチマキを結んであげているのがとてもほほえましかったのを覚えています。ただ、そのときはちょっと見づらい角度だったので、誰にも邪魔されない二人だけのこの機会にもう一度ハチマキを結んでみませんか?二人の友情の印にぜひお願いします!

アンケートというよりただの願望まる出しです。多くの人が望んでいればそれを総意と言ったりもします。気を利かせたスタッフがハチマキの一本や二本は用意してくれるはず。なんなら持参しますので。

二人で初めてのイベントなら、二人のデュエットもたぶん初めて。とりあえずガー4は聴き込んでおきたい。セットリストの予想なんて今までさんざんしてきたのでもはやなんでもいいんです。スッペとさぼりとNSと安心感とピリリとディスコクイーンをやってくれればもうなんでも。心配なのはバースデーイベに力を入れるあまりアネックスがやっつけになってしまうこと。それこそ私がすることない程全部してくれる熊に頼るという。18歳で並んだ二人。軽くおたおめトークがあってもいい。いやあってしかるべき。

2/11付の更新では、熊井ゆりなちゃんからの誕生日プレゼントを紹介するという衝撃の展開。このタイミングでこのプレゼントは着て来いと言ってるようなもの。ジュエティーを着て熊井ちゃんを見上げているなかさきの姿がもう見える。むしろ他にはなにも見えない。それでも、仮に、よしんば、万が一、不測の事態があったときのためにこんなアンケートも書いておきたい。

なっきぃこんばんは!いつもブログ見ています。先日のブログに、熊井ちゃんからもらった誕生日プレゼントの洋服がのっていましたが、どうして今日は着てこないんですか?熊井ちゃんの誕生日には遅れずにちゃんとプレゼントをあげてくださいね。


from kuma.jpg

2/13はこの衣装に注目!


その他の質問候補…

熊井ちゃんとなっきぃはおそろいのぞうさんのティッシュケースを持っているそうですが、今も大事に使ってますか?

なっきぃと呼ばれるようになっても、熊井ちゃんだけはわりと遅くまで「なかさきちゃん」と呼んでいましたが、その熊井ちゃんが「なっきぃ」と呼ぶようになったのはなにかきっかけがあるんですか?できれば今ここで「なかさきちゃん」って呼びかけてもらえると涙が出るほどうれしいです。

なかさきちゃん時代っていつごろ終わってしまったんですか?終わったのにも関わらず熊井ちゃんが「なかさきちゃん」と呼んでいたのは続縄文時代みたいなものと考えていいんですか?
posted by sleeping mizuki at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

探したけれど見つからなくても


ブログで紹介されたなかさきの部屋にぞうさんのティッシュケースらしきものが見当たらないのですが…。たぶん画像が粗くてわからないだけですよね。もしくは写真NGとなった美容系のスペースに、きっと。
posted by sleeping mizuki at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

こんな近く君が座ってる


思い起こせば昨年はまるでなかさきだけ情報統制でもされていたかのように完全スルー。きっと国民がパニックになっちゃうからですね。それが手の平を返すとはまさにこのこと、なんてストレートなおたおめ更新。しかもキャプブログより内容も充実(若干)!短パクさの中にも積もりに積もった押さえきれない衝動が見えたり見えなかったり。さらに帰還セヨ特設ブログでは熊井ちゃんの隣をゲット!そのまま帰還しなくていいよ!今日だけはくまぁずにイチャイチャさせない!抹茶ーず?なにそれ?

稽古はじめに体調を崩していた熊井ちゃん。冬眠が足りなかったのかな?「汗と戦う」とのたびたびの発言から暑さにあまり強くないのではと心配だった。でも大変な時にこそ隣にいるのが心の友。熊はなき仔を裏切らないからなき仔も熊を裏切らない。これは妄想だけどたぶんなかさきはさりげなく熊井ちゃんを助けている。そのくせ自分は助けられるのを嫌う、そういう頼れるキザなヤツだ。

近ごろは前列もすっかり板に付いちゃって頼れる奴熊なヤツ。なかさきがわざわざ隠した役名と思しきケーキの文字をそのままさらしちゃうのがもう。お昼過ぎに生まれたなんて熊井ちゃんはぐさんしゃいんだなぁ。くまさきがキャンパスライフすぎてつらい。そのイチゴを熊井ちゃんにあーんて!


kuma18th.png
posted by sleeping mizuki at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

大きな熊が来る前に


戦国自衛隊

女性自衛官帰還セヨ


のメンバーは、




Berryz工房から

菅谷梨沙子ちゃん


risako.jpg


とおもむろに2ショット。梨沙子の前髪ヘンだよね?頭がナナメだよね?内心思っても口には出さず、気付かぬそぶりでスクロール。どうやら稽古が始まったらしい。


須藤茉麻ちゃん

あ、

℃-uteからは

リーダーと私ですっ


maaimi.jpg


続いては3ショット。これはメンバー全員と写メに収まる流れとみた。となれば同じ組だってとっくに調べはついてるぞ。風雲キュフを告げるがごとくにわかにわき立つ胸さわぎ。


夏焼雅ちゃん


miyabi.jpg


雅ちゃん、僕はなんだか三内丸山遺跡の板状土偶を思い出してしまったよ。とても有名な土偶だから一度くらいは見たことがあるかもしれない。画像だって貼るのは簡単。でも僕にはできないんだよそんなこと。

ところでベリは恋愛をいかにして育んできたのだろうか。ごく大ざっぱにタイトルのみから恋と愛を拾ってみてもその傾向はつかめよう。ひっぱりだこの恋で始まり恋の呪縛に小さな胸を痛めた昔。恋してるときはいつも周りが見えなくてなんちゅう恋をやってるのかと恋に恋するお年頃。ところが成長記にもさしかかれば愛する人の名前が日記に見えるようになり、それはギャグ100回分だったりスキスキ指数が上昇したり、恋は愛へと姿を変えてゆきます。同じころ激しき恋の火が再び燃え上がるもののそれとて恋の終わり、つまりはサヨナラの恋でありました。ダーリンにLOVEやリアルなLOVE、そんな愛にはやっぱり愛でしょ。そうして事ここに至りそのすべての愛へと結実するのです。恋から愛に変わるのがちょうど舞波の卒業を転機としているように思えてなりません。

他方℃-uteは何が起きても大きな愛でもてなして、愛を失ってのちめぐりめぐって恋の季節がやってきます。かような恋と愛の深みのなかで、ではこの二人はどうなのか。そうこれは二人の愛の算段なのです。


そして

今日来られなかったけど…


熊井友理奈ちゃんですっ!


ですっ!って言われても…。画像はありませんっ!はははっ。ここでなかさきに過去に撮っておいた2ショットを出してくるような甲斐性がないのはわかっている。第一、そんなものが存在するのかも怪しい。撮れなかったこと自体はやむをえない。しかしだ!しかしお前にはわかるか!ドキドキしながら2ショットを待つくまさきヲタの気持ちが!マウスをつかむ手の震えが!どうせ次の稽古で熊井ちゃんが来たときにはもう2ショットは撮らない気だろう。むしろなかさきは熊井ちゃんがいなかったからこそわざわざみんなと写真なんか撮ったのではと穿ってしまう。くまさきヲタを掌で転がすためだけに。なかさきちゃんめ。熊井チャン帰還セヨ!が心からの愛の嘆願。ゲキハロの脚本を書けるような作家になってなかさきちゃんに「キュフ」ってセリフを言わせるのが夢です。
posted by sleeping mizuki at 03:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

怠けるなわっしょい!


あと一つ!あと一つで終わるケロ!この疲労感、帰ったらバタンキュフは目に見えてるケロ。ライブ終わりの今のうちに何か撮っておかないとケロ。しかし二日目ともなるとさすがにめんどいケロ。ただでさえ薄い内容がさらに薄くなるケロ。でも50回更新することに意味があるんだケロ。自撮、前髪、ヨガ、変顔。身の回りのコスメにマンガに夜ごはん。れもんにティディ男に写真集、メンバーとも撮り尽くしたケロ。メンバー以外に頼みに行くのはヘタレなので恥ずかしいケロ。そんなところへおやあれは?愛理と一緒の大きいあれは!違うケロよ?愛理を撮りに行くだけケロよ?隣の誰かが写ってもそんなのぜんぜん知らないケロよ?マジグッドチャンスサマーケロ!棚から信玄餅ケロ!

「愛理ちょっといい?」

パシャっと。こんなもんで上出来ケロ。あとはてきとーに短パクにしとけばそれらしくなるケロ。これがナカジマの持ち味ケロよ。は〜終わったケロ。さ、帰って寝るケロ!



2011-07-17 23:55:27

50.くま
テーマ:ブログ

kumairi.JPG



ある〜日


控え室〜


くまさんに〜


出会ったっ♪(´ε` )




汗半端ないっ!



ナカジマも、


ですけどね。
posted by sleeping mizuki at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さきちゃん固めちゃおうかな



hard spray.jpg


もちろんコンサートに臨む決意を、ですケロ。
posted by sleeping mizuki at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

セピアの色


仔犬ダン以来のくまさき共演を祝して、懐かしすぎて忘れてる貴重なショットの一部をメイキングよりご紹介。遡ること9年前、キッズ合格から幾日も経っていない夏休みの撮影でした。もちろんベリも℃-uteもまだ存在していません。当時はモーニング娘。を目当てに観るのがほとんどだったと思われますが、今見返すと自分自身の視点の変わりように驚きます。このときにこのメンバーで映画を撮っておいて本当によかった。当然、演技力などは問題にするべき水準ですらありませんが、それでも安心して見ていられるのは石川梨華大先輩に拠るところが大きいのでしょう。フクちゃんと一緒に鑑賞して桃子の演技をあれこれ言うのが夢です。


kumasakichan.BMP

後ろでそっぽ向いてるのがなかさきちゃん。念のため


youarens.BMP

熊井ちゃんは言うまでもなく、白い帽子がなかさきちゃん

posted by sleeping mizuki at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊から王へ


平成に生まれちゃった世界樹こと熊井ちゃんが映画主演(愛理も)。その他大勢役では世界樹の葉末ことなかさきちゃんも出演。なんだろうこの差は?といってなかさきもお化粧してただ映画出るだけではあるまい。実は王様役のナカジマが罰ゲームを指示するごとくに離れたところで高みの見物、そんなベリキュー!的な展開を希望。映画見たら影響されること必至!なんかとりあえずブログに書きたい。
posted by sleeping mizuki at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

せめて、アイドルらしく


「なぜこの時期に合同を急ぐの?」

「メンバーを過去に二人失い、現在は二人も他事務所に所属ですから。第A成長記をこれから迎える予備戦力の増強されたことが関係しているのでは」

「どうかしら。ここにしてもよその売り上げを回してもらうような状況ではもはやないのよ。最近ずいぶんと金が回らなくなったわね」

「ここにきて売り上げガタ落ちですからね…。それだけ上も切羽詰ってるってことでしょうか」

「委員会の焦りらしきものを感じるわね」

「では今までのような単独ではなく、両者の複数同時展開を設定したものでしょうか?」

「そうねぇ…でも公式にニュースすら来ないのよ?エッグが入っても。しれっと名前を載せるだけで。何か別の目的があるのよ」


なんの委員会かといえばもちろんくまさき委員会(私設)。別の目的というのは合同に名を借りた悲願のくまさきデュエット達成。単独イベの開催による熊ソロ・ケロソロの珍しくない現在、ベリキュー統一の到達にして象徴と言えるでしょう。
posted by sleeping mizuki at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

17歳のふたり


2011/5/20【「ハロー!チャンネル Vol.4」発売記念握手会】福家書店新宿サブナード店

仕切りの向こうに真っ先に見えてくるのが熊井ちゃんというお約束。さらに歩みを進めてみればなんたる天の配剤か隣にいるのはなかさきちゃん。

「また熊井ちゃんと遊びに行ってね!」

なかさきちゃんは限りなくキュフフに近い音色を奏で、やにわに視線を外すのだった。顔を上げて Going on!見上げた先には熊井ちゃん。隣の熊井ちゃんと顔を見合わせて苦笑した。二人を同時に視野に入れることが困難であるくらいに熊井ちゃんはアレなのだが、それでも二人は見つめ合っていたと確信できる。わたしが右ならきみは左。いつも合わない高さ。「また熊井ネタかよ」と内心うんざりかもしれない。でも今、間違いなく3人で話してる。やっと見つけたマイストーリー。いつかどこかが今ここに。くまさき独占すみません!

動揺を隠し切れないままに「また熊井ちゃんと遊びに行ってね!」と次の熊井ちゃんに言ってしまう痛恨のミステイク。考えて話すことなどもはや不可能。握手は本能でするものです。それでも熊井ちゃんは何を言うのかもうわかっていたかのように、あるいは何を言っても変わらないように慈悲深い笑みを見せてくれた。

ガー4の握手会でも隣に並んではいなかった。PVではほんの一秒見つめ合うか合わないかの仲。ハロプロ開闢して以来、これほどまでにすぐそばでこれほどまでに長時間、二人の一緒にいたことが一度たりともあっただろうか。熊井ちゃんと握手をしたのでもなければなかさきちゃんと話したわけでもない。くまさきちゃんとコンタクトした。

くまさきで「ふたりはNS」を歌うまではやっぱり死ねない。百歩譲って「安心感」でもいい。なんなら「さぼり」でも「スッペ」でもいいなんでもいい。いつものことながら手に触れた記憶はない。自分が発した言葉をなかさきちゃんが聞き取って、熊井ちゃんに視線を送り、熊井ちゃんの微笑みがえし。くまさきといるこの瞬間が話さなくても宝物。そんなわけでいちばん覚えているのはみずきちゃんの手の感触です。


eyecontact.JPG
posted by sleeping mizuki at 04:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

くまケロセブンティーン


べ、べつに忘れてたわけじゃないんだからねっ!同じハロプロの譜久村聖ちゃんのことで頭がいっぱいだっただけなんだから!どんまい。自分。ははっ。

冬はつとめて。なかさきなどの生まれたる。なかさきが17歳ということは熊井ちゃんも17歳。次の熊誕来るまでは二人はともに17歳。真夏と真冬の誕生日、表と裏みたいで二人らしくて素敵だね。これほどまでにデコボコな、寿ぎまつるセブンティーン。

どうしてこんなときにベリのセレンドがないんだろう。あってもどうせ熊井ちゃんは舞美と2ショット撮るんだろうけど。もう歌うしかない、今しかない。安心感もNSも、もちろんピリリもいいけれど、17歳は一度きり。熊井ちゃんの誕生日が来ちゃう前に早く!

…続きは夏ハロで。
posted by sleeping mizuki at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

握手会だよ!熊井ちゃん


「愛理のケータイ隠しちゃダメだよ」「本当は身長何メートル?」「でもつんくさんが180以上って」「スカイツリーとどっちが」「なかさきちゃんと今度いつデートするの?」「なかさきちゃんのことなんて呼んでるの?」「ていうかなかさきちゃんのこと好きなんでしょ?」「好きと好きと好きと好きと言いなさいこの場で!」聞きたいことはたくさんあるのにどれ一つとして無理そうなので、こういうときは短い言葉に集約させて情報ではなく思いを伝える。

「来年もエンジョイしてね!」

カーテンで仕切られたハロショの一隅に入ると、明らかに周りのヲタやスタッフよりも頭一つ飛び出していた。でかいはでかいが決して太くも厚くもない。心配になるくらい細かった。久しぶりに間近で接した熊井ちゃんは、冬眠中をひっぱり出されてきたのだろうか、すっかりやせて見えた。そして高い。やっぱり高い。ありえない首の仰角ゆえ足元を見る余裕もなかったけど、きっとヒールをはいていたに違いない。そう信じたい。

ちぎっては投げちぎっては投げのえげつない剥がしを予想していたらそうでもなさそうで、こちらの問いかけにゆっくり答えをいただくくらいの間はありそうだ。方針をあっさり変更、聞いてみた。

―来年の目標は?
「んーあー…」

口ごもる熊井ちゃん。まずい!このままだと確実に流されて終了の予感。期待していた返答を思わずこちらが口走ってしまった。

―エンジョイ?
「(うなずきながら)あ、エンジョイ!」

言わせた感があってごめんよ熊井ちゃん。不自然にかがませてしまってごめんよ熊井ちゃん。手冷たくてごめんよ熊井ちゃん。口頭で結んだ相互エンジョイ条約。可及的速やかに批准します!熊井ちゃんの手すなわち熊手。年の瀬のうれしい縁起物。熊手をだんだん大きくするみたいに熊井ちゃんもだんだん…。これ以上の現場納めはありません。来年もエンジョイ熊セルフ!あの神々しさたるや人の姿を借りた熊。

熊井ちゃん!熊井ちゃん!ぼくの現人熊!
posted by sleeping mizuki at 01:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 【くまさき】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする